165さんのマイページ

萌×2作品

女性165さん

レビュー数155

ポイント数1114

今年度11位

通算--位

  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

雷々来世 コミック

野白ぐり 

記憶の照合が徐々に噛み合ってくと!!

転転転生?うまいこと言う!

コミックでファンタジー転生ものは自分には珍しいです。
美しく繊細な絵、素敵です。

前世も前前世も前前前世も結ばれなかったであろう二人。
ここまでくるとお互いの記憶が混乱したり忘れかけてたり思い出したりですね。

小出しに小出しにされる過去と、少しずつ少しずつ思い出す過去。出会った時の記憶のズレが一緒にいるうちに出揃ってくる感じ?
主従関係がやがて…。切ないですねえ(泣)
国を背負って決して後戻りも逃げもできず実はお互い縛られてて。

切なかったあのエピソードが実はこのエピソードがあるからなのだとわかった時!!
お互いやっと今世では離れない!とやっとこ思えるところ!!


良かったですがさらっと読み終わってしまいました。余韻は残ります。
何巡も読めば読むほど新しい発見があるかもしれないと思わせるお話でした。

平等でお願いします

いよいよリンダが聖騎士に!
読み応えがありましたねえ!
ファングとカインとの関係も進んだかな?

お話はとっても良かったです!淫魔としても進化して立派に戦って。リンダ、頑張ったね!!

タグ隊も実は精鋭揃いなんですね。もっと詳しく!です。

もう色々あったのですが、巻末の短編のエロエロで吹っ飛んでしまったと言うか…。

常々?ファングが控えめだなあと気になってたんですよね。カインはグイグイなのにファングは兄だからかリンダを気遣ってか挿入が少なくて。もっとファングを!と思ってました。でも最後もやっぱりどちらかというとカインがグイグイで。
どっちも素敵なんですが、平等でお願いします。

これは続きがあるのでしょうか?

御曹司と駆け落ち命令!

数年ぶりに何回目かの読み直しです。
もう20年前の作品なんですね。

初めて読んだ時はハラハラとともに、二人の駆け落ち同棲生活にうっとりしました。
御曹司やその周りの人達の傲慢ぶりも気にかかったものの。

業務命令で駆け落ちかリストラかの二択。
もらった資金はひとまずの10万円。頼みの連絡先は消され着の身着のままで、なんとか駆け落ちを遂行していく二人というより受け。

必死に働き日払いの稼ぎでお弁当を買って、四畳半のぼろアパートでも温かい空間で。

いつの間にかお互いに本当に駆け落ち同棲中のように愛し合い…。

しかしその暮らしも突然終わり…。

良いお話なんです。何回も読み直すくらい。
読むたびに思い出すんですよ。御曹司がそんなに偉いの?会社辞めれば他人ですけど?

財閥系の大企業の御曹司のためと振り回され何も知らされず騙されて、受けの人権!!
送金も連絡先も消えた理由も、貴様か〜!

まあ最後はラブラブハッピーエンドです。
全ては御曹司の一目惚れから始まったのですね。あの狭いアパートでの暮らしを忘れないで幸せになってね。

今なら神で

数年ぶりに何回目かの読み直しです。
萌2にしてたなんて〜。神です!

密室で極限状態で七日間も囚われて。
すごかったですね。
密室での心理描写や2人の距離感の変化。
緻密な計算な密室。

毎回ハラハラドキドキで夢中になります。
どうなっちゃうの?大丈夫なの?そもそも亮二はなぜそこまで要のことを?と。

再読ですので、亮二はどんなつもりでこのとき?と逆に演技派だなあと引きます。
要の全てを暴いて捻じ曲げて。そこまでして要が欲しいの?

再会エッチが亮二の態度が変わってて言葉責めが、不安を煽りますよね。これからの関係性をどうするつもりなのか?
そして最後の部屋。これで要に恐怖をダメ押しして、これからずっと要をコントロールしていくつもりなのでしょうか?
とってもシリアスなお話でした。

萌えるよりはお話の完成度に神で!
また数年後に読み直すと思います。

しかし好きな人が裸で密室に二人きりだと、そんなに抱きたいものなのかな?

SHOW TIME! コミック

厘てく 

名言の数々

しみました。
名言の数々。
イケメンバツ一リーマンとフリーターマジシャン。

夢をあきらめない力をお互いからもらって。
大人とは?特別とは?
ページを切り取って壁に貼っておきたいくらいです。

能勢が何かと距離が近いですね!めっちゃ口説いてる!エッチの時にハアハア言って興奮してるのも良き!

二人で答えを見つけあって、夢を叶えて世界中を飛び回って、自信がついたり口を出しすぎたり。早めにリタイアして早く二人でラブラブ隠居生活もいいですね。

能勢のキザさが癖になります。

主人公が物語の良心

分厚いですね!!
前半は2人の純粋な愛情、後半はルベドの愛憎から蓄積され生まれたありとあらゆる感情とそこから導き出された檻?

はぁ〜、ハラハラしっぱなしの一気読みでした。表紙を見て、え?子供?と思いましたが作中でちゃんと年を重ねています。

フレイがルベドを創り出すところ、泣きながらずっと僕の傍にいて!と叫ぶところ。ルベドがこの子を!と望むところ、胸が張り裂けそうでした。

前半は微笑ましくて良かったねえ!親子愛?
2人の夢も叶うのはもう少しの辛抱だよと思っていたのに(泣)なんてことを!!!な最後で。

そして後半。
もうルベドの執念に、フレイを奪った者たちへの復讐に震えます。
王家も宰相も教会もみんな愚かでした。その最大の被害者がフレイですよね。

フレイが本当に良い子で。ルベドの言う通り世界で一番心が澄んで慈悲深く美しく可愛く、フレイ is the bestですね!

もう盛りだくさんでネタバレを見ずに楽しむことをオススメします。
フレイ、君はやっぱり君だな。
変わってしまったルベド、やはり宮緒さんだな。

ラストもどうかなあ。フレイの夢を叶えてあげてほしかったけど…。宮緒さんらしく楽園の檻で、約束通りずっと傍に…いつまでも。
フレイがちゃんと最後まで自分をしっかり持ってて、新しいホムンクルス達にも責任と愛情を持ち、心が美しくて優しくてとっても良かったです。

斜陽の先 コミック

生芥 

執着愛!

尾見がヤクザに引き取られ組長の篠目にそれはそれは構い倒され可愛がられ…。
立派に高校生になって。
なのにもう出て行けって(泣)

篠目の溺愛がどっち?親子愛?性愛?
もしかして尾見が攻める方?
とハラハラしてました。

ヤクザ物ですが怖いことはなく、溺愛オヤジと悶々と悩む高校生が仲間に囲まれなるようになるお話かな?

ジーンときたのに言語化できません。
尾見が自分の居場所を自分でもぎとって、篠目との関係もとびこんで。

尾見の友達がとても良い子でそこも良かったです。

こんな素敵なお話だったとは!

無自覚束縛ツンデレがこんなに良いとは聞いてない?

カイルー!!!素敵だきみは!
顔も体型も声もセンスもイツキの好みど真ん中なカイル。

あ、イツキは異世界転生して兎獣人になって魔人のカイルを奴隷として買います。しかし本当は相棒や用心棒にしたくて…。

カイルも色々抱えているみたいですね。
いつ明らかになるのかと思ってたのですが。

最初はあんなに口も悪かったしツンケンしてたのに、最後の方で自分の気持ちを自覚してからは!!
なにその包容力!?饒舌に愛を語り優しく抱いて!!はぁ〜、まいった!

独占欲が強くて嫉妬深く過保護で束縛気味な素敵な恋人に仕上がりました!
恋に臆病だったイツキもカイルなら何があっても一緒だね!

ところでお話って途中ですよね?続きは出るんでしょうか?

天才理系19歳の独特で必死な求愛行動

タケル語につきあえるかどうかでわかれる?

短いけど良いお話でした。
尊が雨京との出会いからこれまでをどんな想いで生きてきたのか。短気バイトをどんな気持ちでやってたのか。それを思うとギューーーーーと胸が絞られる気持ちです。

最高学府の理系のピカピカの1年生の尊。
うんちくが長くて毎回雨京に、「それって、つまり?」と言われてしまう。
だけど真面目で誠実でとっても良い子なのです。

そんな尊がどんなに言葉を尽くしても雨京に気持ちが伝わらない。
あげくその気持ちをレポートに仕上げて(笑)

そこまでの覚悟にしびれます。すでに添付書類(ここ大事)まで準備して!

きっとこれまで話をまともにとりあってもらえなかったんだろうなあな理詰めな尊を、初めて真面目に話を聞いて喜んだりしてくれたであろう雨京。

はぁ〜。心があたたまるとっても良いお話でした。

御神体に取り憑かれた!?攻めだけに限定発情

セールでさらにクーポンも使って買えました!

神香さんの珍しい年下攻めです。
あ、これ某作品に似てる!と思ったらこちらが先でした。

主任の恭祐はピリピリ神経質タイプ。若くして主任となりチームを引っ張ろうと頑張りがちょっと空回り気味。そんな恭祐を何かとフォローしてくれる2歳後輩の伊永が苦手なタイプで…。

社員旅行で神社へ行ったら男性器の御神体が虹色に輝き、そなたの願い叶えよう!って聞こえたと思ったら触手が伸びてきて〜というのがきっかけ。

恭祐はまるで憑依されたように発情するようになり後輩の伊永に助けてもらい…。
主任いつもこんなふうに男を誘ってるんですか?と怒られ攻められ。

なぜか伊永にだけ発情する恭祐。俺が主任の最初で最後の男だ!な伊永に抱かれるものの、恭祐は自分の体も気持ちも良くわからず…。

これ、恭祐視点だと怖くて申し訳ない後輩な伊永ですが、絶対に恭祐のこと好きでしょ!だから独占欲をみなぎらせつつも、しょせん俺のアソコが欲しいんですよね…って気の毒に(泣)

まあ切ないすれ違いを経て、もしかしてあの神社に原因があるかも!?と再び2人で訪れてみると!なんと、まさに、な謂れのある神社で。

恭祐、きみ最初から伊永のことが好きだったんだね!だからあんなに意識して苦手で…。
元は恭祐の願い事が叶っちゃってたんですね。

一気読みでした!そんなに長くないお話だと思うのですが、盛りだくさんです!
甘々がもっと読みたかったけど、嫉妬やすれ違いも読み応えがありました。

この機会にぜひオススメです!!!