フローゼンライチさんのマイページ

レビューした作品

女性フローゼンライチさん

レビュー数3

ポイント数23

今年度188位

通算--位

  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立2
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

せっかくのSwitch作品がもったいない

えっちなASMRをしているDom攻め。
死んだ恋人のために頑張って幸せになろうとしたSwitch受け。
いい設定でしたが、求めるものが多すぎで、結局わけわかんなくなってる感じになりました。

まずは元恋人の弟さん。
弟はSwitchで、アイドルで、受け一途のヤンデレで、結構魅力的ですが、
最後では、ただ受けの幸せを見届けたいとかになっちゃって、このキャラの伏線は台無しでしか見えません。
(そもそもアイドル設定はいらないじゃないかって思いました)

あとは攻めの恋に敬遠した理由。
前では、なんかありそうだな、トラウマっぽいなって感じたんですけど、
え?!ASMRし始めた頃、Subストーカーに軽く付き纏わされてただけでそうなります?!
って理由はとてつもなく軽いです。
別にそれでもいいですが、前に期待しすぎて失望が大きく感じました。

思いあうきっかけもおかしく感じました。
受けは酔って、攻めに元恋人との馴れ初めを語り始めて、そしたら恋に興味ない攻めは受けを好きになりました…え?なんで?
勝手の思い込みですみませんでしたが、そう感じさせてくれたコマ割りでした。
元恋人との話の方が気になる一方です。

Switch設定はなかなかいないなと思って買いましたけど、残念な内容でした。

期待通りでいい作品でした

熊猫先生の絵柄が大好きなので今回も迷わず買いました。

すごくよかったです!
まずはタロットをモチーフにしたキャラクターデザインがかわいくて可愛いです…!
ちびキャラも愛おしくて何度も見返したくなります!

ストーリーも面白かったです。トラウマ持ちの受けとそのトラウマ事件の目撃者である攻めの話になります。
両思いですが、二人とも多分臆病で、そのもう一歩を踏み出せないまま躓いてます。
そんな中、受けは夢の中で攻めにそっくりのBLゲームキャラーに溺愛されてるなんて…!最高ではありませんが!

大好きな作品にはいつも言葉を失いがちですが、素敵な作品でした!

理解できないところがある

妹思いのホストクラブオーナー x ゲイであることを隠したいモデル の話になります。

二人ともクズでバカで、それでも出会いによって成長して、すごくお似合いの二人だと思います…が。
妹の部分は少し引っかかっています。

別に、ただの「妹」だけでも、くにの生き様に相応しいと思いますけど…
しかも最後の一話で爆弾投げ…
個人的には、ここまで見て、もう「くには妹に執着しすぎて、周りが見れないし興味がない」という印象はしっかりあります。妹であっても娘であっても、彼の性格はもうなりたてるので。
じゃぁ、わざわざ娘という設定はいらないじゃないかって、勝手ながら思いました。

どうしても飲み込めないので、
今回は控えめに評価をつけました。

えっちでいい話でした

SNSで流れてきまして、冒頭での中国語セリフがあまりにも本場だから吹きましたw「お兄さん」=「帅哥(イケメン)」で、機械翻訳じゃなかなか出てこないと思いますけどw
これに釣られて買ってしまいましたが、いい話でした!

ヤクザさんとトラウマ持ちのお医者さんの話。話自体はよくあるヤクザとカタギの間の葛藤みたいなものでしたが、絵面はエロス満載でした。
こういう話になると、893さんの刺青にすごく気にするんですが、背後に迫力のある観音様が描かれて、思わず「うわぁ」ってなってしまった。
ドロいろばもなく、体から始まる純愛でした。最後に思い合うところがほっこりします。
そして全体的にエロい。めちゃくちゃエロかった…見返したくなるエロは数え切れません。

それに、中国語のシーンもしっかりありましたw
期待以上のいい作品でした!

波乱な一冊

新登場人物がありすぎて不穏な空気が漂う一冊でした。
智也の運命な番やら祖父やら、いわゆる悪役キャラばかりで、正直読んでいたうちに「この人たち頭おかしくないか」って叫んでいました。おいおい人の幸せを壊すなよって、ちょっとだけイライラしていました。
でも侑也智也がかっこいいですからおkです。

今回のなつおは、話の中では相変わらず気の強いΩで好きだったんですけど、絵的には前よりやわらなくなっていた気がします。個人的には、前の見た目の美人だけどかっこいいなつおの方が好きです。
最後まで読むとこの変化に納得してるんですけど、好みがありますから…

散々言ってましたが、続きもまた読みたいです。

主役が変わってる

前作が結構好きですけど、正直レビューに釣られて買うところもありました。
でも見てて辛辣レビューに納得してます。好奇心は本当によくない。

続編買ってて何が欲しい?個人的にはキャラの成長だと思います。
別に絶対にラブラブイチャイチャだけがいいわけじゃないけど、それが表すのは関係性の成長。それがあればいいです。
当て馬くんの出番もその成長を促すようなものじゃなきゃいけないのに、当て馬くんのニコ自体が主人公になっちゃってる感じが、今回で一番気に食わなかったところです。
もうニコとロウの物語にしても過言ではありません。会社での描写が多すぎます。
じゃ続編にする意味はなんですか?

今回はロウの成長がまったく見えていません、むしろ逆戻っています。
何が「オレがフリーだったら全然アリ」?前作ではあんなに佳乃に執着してるのに…佳乃の気持ちと前作のロウの気持ちに対しての裏切りだと思います。
そして主人公のはずだった佳乃は影が薄くて、ロウの付属品?おまけ?にしか見せません。
佳乃に関するストーリーはまったくなく、ロウとの電話やメッセージで出る比率が高すぎます。

改めて言いますけど、なんのために続編を買うのか?
そのカップルの!ふたりの!続きと!成長が!見たかったです!
ロウくんと意味わかんない新キャラの話ではありません。
もしニコが気に入ったら、直接ニコのスピンオフを出せばいいのに。
この続編もスピンオフみたいなものですけど、こんな形で出られたらニコを嫌いになる一方です。
ロウへの印象も悪くなりました。

とりあえず好奇心で買っちゃダメです。

ストーリーが考え出せなくなったら連載終えていいよ

まったくストーリー性を感じさせない一冊でした。
170ページもある中、連載に持ち出されるのは最後の一話だけ。前のはこのシリーズのメインストーリーとはまったく関係なかった書き下ろしや番外編みたいなものでしだ。それじゃいっそ番外編や同人誌でもう一冊出せばいいの話ではありませんか?このシリーズで第4冊で出す必要性はまったく感じてなかった。読んでイライラします。
獄寺家の長男のことは気になりますけど、もう絶対に慣性で買いませんと決めました。