碧雲さんのマイページ

レビューした作品

女性碧雲さん

レビュー数0

ポイント数12

今年度98位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

四巻目は「兄の繭」修復

次兄の命を守る「繭」の修復は、簡単な作業じゃない。
でもリディアは困難を越える度に魔女のランクアップを果たす、凄い人。

★「花降る王子の婚礼」シリーズ4巻目。全部挿画はyoco先生。
私は電子版で全部購入したけど、紙版で揃えたら、表紙の楕円の中の構図を楽しめる・・揃えたい。

①花降る王子の婚礼: 雷王グシオンxリディル
②雪降る王妃と春のめざめ :雷王 グシオンxリディル
③氷雪の王子と神の心臓:イスハン王x大魔法使い・ロシェレディア
④虹色の石と赤腕の騎士:騎士ゼプトxステラディアース 

魔法国の王子は、性別不肖の「魔女」として他国に嫁いでいる。
 ロシェレディア:長男・・魔力が強すぎて幽閉されて育つ・体を失い意識体
 ステラディアース:次男・・体を維持する「魔力の繭」の中で育つ 恋人は騎士
 リディア:三男・・魔力を母が封じ、普通児として育つ。魔力復活・大魔女に。
末っ子のリディアは 母や兄、色々な人の助力を得て、困難を越えている徳がある人。 

結末はDom/Subユニバースの理想形

~Dom/Subユニバース~は、主従関係の上に、愛のないDom/Subの関係を二重に置くと、主従の暴力物語になるのでつまらい。
王太子のDom/Subのパートナーは「百合の騎士」の称号を持つ美貌の騎士・ハリス
王太子はハリスを罪人用の鞭で打ち、サブドロップ。
心身傷ついたハリスに「静養」と言う名目で、従弟の辺境伯に渡す王太子。
北の辺境で静養?の命を受け、ハリスは涙を流しながら向かう。
暴力に加えて、更に泣かせてどうすんだ?と思う冒頭で、読む気が失せる。
でも後半 ハリスは無自覚にキアランを絆して 理想の恋人に調教していく。
後半面白くなるので、頑張って読んで良かった。

---
エドワーズ・オブライエン:王太子:Dom 
思いやりと愛が無い行為でハリスをサブドロップさせる。
ハリスに王太子はセーフワードの設定をしない。

キアラン・フィッツノーマン:28 Dom ハーティン辺境伯、王太子の従弟
王太子にSubの対応を注意して疎まれ、辺境に返された。
顔は怖いが、実は庇護欲過多の構いたがり。
亡くなった兄夫婦の子・ダネルを溺愛しないように養育、領地を管理


ハリス・クラーク:24 Sub 王立近衛騎士団所属10年、 
称号「百合の騎士」 蒼翠の瞳、金髪、美肌、美貌の騎士 
王太子から性的要求を受けサブドロップ 
春までに解消できなければ、称号剥奪・騎士も除外される

11巻目 文鳥の雛 篤臣の脱臼

今巻の題名、乱入者とは文鳥の雛。
江南は患者の手術の同意を得る為、文鳥の雛を退院まで預かることになる。
飼い主から雛の名付け権を得て、「小春」と名付ける。
篤臣が主に面倒を観るのだけど、篤臣に懐いていく文鳥が可愛い。
文鳥を預かり、家族を失った人の気持ちを知る篤臣。

仕事中に篤臣が階段から落下、肩を脱臼。
ギブス着用の間、小田教授が江南の仕事を減らす配慮を下す。
家事が出来なくなった篤臣の代わりに、江南は奮闘。

江南は、篤臣が自分以外をかまうことが許せない、
文鳥の世話にもヤキモチを焼く江南、篤臣はペットを飼えない事に気付く。

人物のモデルが実在するのかと思うと、起きる一々が面白い。
シリーズを一冊ずつ読んで、忘れないうちに内容をメモして残したいけれど、
読書が先、書く暇が惜しいほど面白い。


12巻目 大阪出張

椹野先生の12巻目で記憶に残った件は 江南父子和解、バザーと大西の話題。
素人向けの医学関連の話題や、病気との向き合い方、医師の患者との向き合い方等 現場を知る人の視点から書いているので面白い。

江南は、執刀助手として小田教授と出張。
患者は、小田教授の恩師。場所は大阪。
大阪で、江南は実家のちゃんこ料理屋に小田教授を案内する。
・・(そういえば、東三国に営業歴長いちゃんこ屋があった。細々したものも、実在モデルを土台にしているのかも。)

江南不在中、篤臣たちは、学園祭のバザー実行を教授から依頼を受ける。
助っ人に大西が加わり、大西が善いパパに変身していて驚く。人は、変わるのだ。

簡単そうな手術と思っていたら、意外な病巣に小田教授が気づく。
術後の予後は現地の医師たちに任せて、小田教授は帰還。
江南は実家に一泊。店を手伝う。 
手伝いながら、親たちの仕事への向き合い方に気付いて、会話、和解。
帰宅したら懐かしいシチューを篤臣が作って待っていた。
派手さはないけど、美味しい料理の人情ヒューマンドラマ、面白かった。


6巻 サッカー少年

メモ 
江南と篤臣の活動で、教授に就任した土田先生の今後の構想。
江南が担当したサッカー少年 事件性を帯びた怪我
篤臣が法医学医として、江南が担当する少年の傷を分析
篤臣の不調と入院

今巻も賑やか。

No Title

時代を感じる挿絵、無いほうが良いように感じるくらい。
いとう先生、最近新作が出ないので、昔の作品を購入。 シリーズ4冊・不憫受

瑞樹が、生きる望みを得るような恋人を得て、救われる
身勝手な母が、略奪婚をして先妻を追い出すまでしたのに、
勝手に嫁ぎ先から出奔 瑞樹を生んでも、夫に知らせず 施設に預けてネグレクト。
そんな母が死亡して、父親が瑞樹を引き取り養育することになってから味わう色々。
最初は虐めばかりの連続。瑞樹は生きて行けるのか心配。
でも瑞樹に庇護欲を掻き立てられる人が現れて・・


※ナンバリングが無いのでメモ 
①たとえこの恋が罪であっても  瑞樹 アルフレッド
②たとえ禁じられた恋であっても 瑞樹 アルフレッド

たとえ偽りの運命であっても   アレク レナード
たとえ背徳の罠に堕ちても    エドワード クライブ

11月の松茸狩り 

小山田先生の挿絵が綺麗。茸で始まり、茸で終わる物語
親の再婚で義兄弟になった二人は音楽家、弟の兄への罰ゲームはいつも容赦ない。
茸の季節が終わっているのに、弟の罰ゲームは「独りで松茸狩り」で、軽装備のまま山中に放りだされる
雨が降り出し、林道で転倒、捻挫、遭難を覚悟したとき、熊のような山守の高坂に助けられる。

冒頭だけで結末が分かってしまうのが残念な、名倉先生お得意のパターン。ラブコメ、ハピエン。

●再婚同士の連れ子兄弟二人、ペアで活動する演奏家
真佐人:25才 義兄、ピアノ奏者 華奢で十代に見える外観 
罰ゲームでアレに真珠を入れられ、以来彼女を作れない 世間知らずの童貞

昭良:義弟 バイオリン奏者 真佐人が傍にいればご機嫌
兄に無茶な罰ゲームを課す 好きな子に意地悪をするタイプ 高坂を警戒

高坂康行:34才 雇い主謎の山守 バイ 
真佐人がタイプ 真佐人曰く「エロで変態」・・お互い一目惚れ
鶴来は親友。

  

篤臣の父死去 一時帰国 結婚の報告

挿画担当が変わる。似ていて違う雰囲気。

篤臣の父が、職場の仮眠室で突然死。死因は脳出血。
葬儀が終わってから、母を訪ねる篤臣は、同性婚について母に切り出せない。

数日後、江南が訪問、
江南が篤臣の母に結婚の報告をすると、母は怒り、篤臣を平手打ち。
篤臣は知恵熱を出し、母は家を飛び出していく。

篤臣の母は、同性婚を受け入れようと努力しだす。
一方、江南は前日父親に結婚を報告して、勘当されていた。

親に同棲婚を報告・・親の反応がシリアス、描写が興味深かった。

突然起きたビッチング 

オリジナル設定のビッチング。 小山田先生の挿絵が美麗。

※ビッチング:bitch「雌」のスラング。 雌化の意味で、スペルは「bitching」、
ちるちるの解説には「ビッチングとは、αの精を何度も受けることで、元よりαまたはβ性だった者がΩに転換してしまうこと」とあるけど、この物語は、オリジナル設定。

第二王子に突然起きたビッチング α➡Ω化・・(実は呪われていた)
継承権一位の兄王子が、病没。

Ω化で、婿取りをして王位継承者を生まなければならなくなった弟王子。
見合いを断られ続ける傍ら、未発情の弟王子は、発情を促しバースを安定化させる為に努力する。
・・実は、王子自らが選んだ相手が・・運命の相手だった、という設定。


江南の留学先で結婚式

二巻目
江南:29才 消化器外科の研修医 
篤臣:28才 法医学大学院の院生
出会って10年、二人はテスト同居中 同居といっても、江南は当直で不在がち。
自然に、定刻勤務の法医学の篤臣が家事担当を担う=篤臣は嫁役が不服。

江南は、シアトルの医大へ研究生として留学内定。帰国は数年後。
同窓会。篤臣は江南を妬む大西の計略に嵌る、
仮眠室で江南に看護師が絡む所を篤臣は見せられる
不審な時系列で罠だと気付けるけど、怒った篤臣は江南とまた絶交

自分の気持ちに従い、篤臣は退職して、留学に同行
篤臣に、江南は同性婚の挙式を提案。
(※2012年・ワシントン州シアトルは同性婚合法化。この本は、2010年発刊なので、入籍NG/教会で挙式OKという設定)


・・・展開が早い。
花嫁衣裳選びの場面とか、江南視点の関西弁のせいかコメディ調、面白かった。
才女のBLは、誤字が少ないし、構成上手で読みやすい。
HONTOで二見書房35%割引で、13巻全巻を購入。一気読みできた。
このシリーズ読了後、「医者と花屋」シリーズを読む予定。