ひみたさんのマイページ

レビューした作品

エキスパートレビューアー2022

女性ひみたさん

レビュー数13

ポイント数102

今年度90位

通算--位

  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

仕事中は...

Kindle unlimited にて上下巻の感想です
上下巻の表紙が気になっていました。
攻めの瑛士がベッドシーンで不慣れだけど夢中な様子が良かった。優しい言葉にも癒されます。
仁は割と顔や身体も男らしいのだけどΩで、強がってはいるけど辛い部分を表に出し過ぎないところがいい。
この作品に限らずなのですが、体質だろうと仕事中にヒートがきて職場で制服のまま致すのが無理でした。しかも混雑の中店長が新入りの男と。自分だったらその場で辞めるし客だとしても嫌。その後もテーブルとかでやってるし。。
時々表情やテンポ、コマに対する顔の大きさに慣れなかったです。。

No Title

少女漫画趣味の北王路仲間が主人公だけどそこまで少女漫画は出てこなくて(演出に風味はあるものの)ネガティブ思考のエリートと運命を探す大阪弁くんのお話でした。少女漫画棚がバレたところまで読みたかったな。「甘えて縋って」くるところも…
歳下の目黒の前髪と目のバランスが好きで、グイグイくるし行動的なのに思っているところがあってというのが良かったです。水野って前もっと冷たくなかったかな?
北大路の背景が本棚なのは良きでした。

No Title

“人間社会には単身赴任とか、別居婚とかいうフェイント的な制度がある。一人暮らしだからといって安心はできない。”

安曇先生の未読作品をkindle unlimitedにて。ヘンテコな会話は今回抑えめに感じましたがやはり主人公たちが性格よくて可愛かった!閻魔さまに記憶を消してもらったため受のことを覚えてない攻め、可愛がってもらったから忘れられているのは寂しい、でも側にいられてうれしい受。詳しく書かれていなくても桔っちゃんの居心地良さそうな家の雰囲気と二人にいつまでも読んでいたくなりました。きっちゃんが記憶が無くても猫すら飼ってなかったのが切なくて萌えました。
あと個人的にはお風呂で触り合ったり、知らない受けに攻めが教えるシチュは拝むほど好きなので読福でした。でも両思いからのエロはちょっと性急だったかなあ。絵柄がとても丁寧に描かれていてページ捲るのが楽しかったのですが、個人的にはもう少し受が男っぽさがある方が好きです。

舐めフェチも

読み始めは寵愛と溺愛は違うのだな〜と思いました。
王子の策略で神子でないのに抱かれるセレンですが、奔放な王子は言葉は然程丁寧でなくても初めてと分かっていてセレンの様子を伺いながら抱いてる様子が丁寧で良かったし、舐めると感じると分かってからも耳を噛んだりする描写と台詞が良かったです。そして何度かあるベッドシーンの後でセレンが真面目に振り返るのが可愛くて面白くて萌でした。セレンの過去を告白した時のレイの言葉や、セレンが自分を想ってくれる人が存在したんだと気付けた瞬間は泣けて、二人とも孤独が共鳴するようなカップリングでした。

イラストは受の服装や顔がいかにも女っぽいのがあまり好きでなかったです。。

暴露の言葉遣いが最高ー‼︎

めちゃめちゃ良かった〜‼︎短い分展開が分かりやすいというのもあり、それでもキャラや萌え成分豊富でした。
叔父が子供の頃から好きでひたむきな香矢が、彼目線では割としっかりしているのに、叔父と話してる時にはほんとに拗ねたような可愛い感じになるのが堪らなかった!目隠し状態で好きな人の名を読んで感じるのとか、大好きな叔父の指だと気づくのも最高でした…
叔父は叔父で悩んでて、自分が香矢を好きなの本人に気づかれてるんだろう、それで甘えてるんだろうとか考えてしかも暴露がベッドなんだけど言葉遣いが丁寧でつくづく最高。

彼らがハッピーでも堕ちてくでももっと読みたいと思うとこで終わりましたが、その短さもまた妄想を掻き立てて良かったです(でも続きの同人誌読みたい…)

男同士っぽさか良い

スティグマタが大好きなので、先生の新作が出たと知り速攻購入しました。独特のテンポやコマ割りが読んでいて楽しく、レトロな絵柄で設定は刑事だったり割と無骨なのにBLになっていく展開は、夢を見てるようです。
その人がいるから仕事を続けられる、小さい頃に影響を受けた人を大切にし続けられる、と言う人に出会えるって恋愛に限らず重要ですよね。
事後布団の中で抱き合っているの、二人が感じているように、両思いになれるって奇跡で幸せだなぁと思えました。

いつもながら短編集とは思えない

松基羊さんの短編はいつもキャラも内容もとても好きで、でもこれはなんとなく表紙で嫌厭していたのですが、保育士と夜の仕事の男のお話はちょっとだけピュアさもあって大人として子供を守ろうとしてるのは良かった!
一番良かったのは高校生のかけおち話で、所持金少なくて山やカラオケに行ったり、実は好きだと告白したり、で頭の中彼でいっぱいになったり、読んでて短編を感じなかった、これがデビュー作だなんて凄い。見つめる眼差しに、ずっと好かれていたと実感した海のシーン素敵でした!

二人の髪型が滅茶苦茶好き

表紙は長髪の受けですがこれは巫女姿の時限定で、普段はいかにも真面目くんなショートです!この黒髪真面目ショートと、攻のピアスバチバチ金髪(しかも優しいの完璧過ぎ)の組み合わせ最高でした。奈良さんの美しいかっこいい絵柄と合わせて星+1にしました。
お話は分かりやすくてサクッと読めました。確かにセッ久は陽で幽霊寄りつけんよな。友郎が動画配信者だけど軽率に視聴数稼ぐ輩じゃなくて、紬の生活や生き方に耳を傾けて肯定する優しいところが良かった!それは好きになる!でも超現実主義者というからにはもっと全然幽霊信じなかったりする方が面白いと思う。
黙って抜け出してくる受の展開はベタだし、割と短いからかどんでん返しとか最強の敵も出ないのであっさり終わりました。エロも回数はあるけど他の西野作品に比べると個人的に印象に余り残らなかった(攻めがねっとりせず優しいからかも笑).

少しずつ王子のことが分かっていくのが面白かった

上下巻でゆっくり、ゴミで埋め尽くされた部屋を掃除しながら少しずつ王子のことが分かっていくのが面白かったです。人って初めからペラペラ話さないし、人柄もすぐ分かるものでもないので丁寧に描かれるのが癒されました。
秋平さんの作品は惹かれていたもののイラスト感が少し苦手意識があり今まで読めていなかったのですが、ゴミ屋敷の住人がテーマだったのに興味を持ちました。どうして物を溜め込むようになったのか、どこまで掘り下げるのかに。
青柳は感情豊か過ぎですが、浅桐の表面大らかでいつつ内側に押し込めている感情がなんともいえず、でも上巻のうちに真相はあっさりと(掃除の中で徐々にではあったのだろうけど)吐かれたのが良かった。
意外と狭い家に住んでるのかなの妄想絵が、朝霧と妄想妻が小さく描かれてるのですがとても可愛かったです。

No Title

末広先生は「ヤキモチはきつね色」が大好きでした。こちらの作品は試し読みで女子と付き合うってBLなのに⁉︎と思いきやイケメンに誤送信していたのが面白そうで購入しました。(ライン画面の前の会話で分かるじゃん?とか、笹原のアカウントがすぐ出てくるほどやり取りしてなさそなのにな、はさて置き…)
割とゆる目の可愛いお話に合わせてなのか、絵柄が前より平面的な印象を受けました。
キスにも赤くなるような高校生は可愛かったし、お家の行き来や会話でお互いをじっくり知っていく様子は素敵でした。嫌な人は出てこないし、良いところだけな感じでした。
個人的にはもう少しキャラの区別とかがしっかりあるものが好みでした。イケメン笹原と可愛い系?の熊井がもう少し顔や体格違ってもいいのになと。偉そうですみません。