aaaiiiaiさんのマイページ

レビューした作品

エキスパートレビューアー2021

女性aaaiiiaiさん

レビュー数74

ポイント数621

今年度49位

通算--位

  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

モヤモヤがスッキリ〜

こちらの表紙の鷹臣、1作目の陽太と同じお衣装じゃないですか!しかも、裏表紙に他のメンバーの3人も居てますね。
みよし先生の描くステージ衣装、カッコよくてとても良き。

前巻で晴れてカップルになった鷹臣と陽太、同じアイドルグループだからほぼ24時間一緒に居られるけど、忙しくて恋人同士の時間はなかなか取れない。
初体験は、ボーカルの陽太の喉の事を気遣ってオフの日の前にしようって。初めてで声枯らすほど感じさせちゃうテク持ち合わせてるんですか?!
鷹臣いくつなん?めちゃ経験積んでんの?
そういや、鷹臣のこと知らなくない?って思ってたら、恋人である陽太も知らなかったらしく
読者と共に鷹臣の過去を2巻で知る事になります。

99回(これは噂で99回かは定かではない)オーディションに落ち続けてもステージに立ちたい、ダンスしたいと思ってたらアイドル事務所の社長から声を掛けられて、最初は乗り気ではなさげだけどリダストレボのリーダーとして活動していく。

メンバーの初顔合わせから前巻のいろんなエピソード時の鷹臣の心情がわかります。
あの時は、その程度の自覚だったのか。
いや、そうは言いつつ好きやろ!他のメンバーとは明らか扱い違うやん?とニヤニヤしてまう。

ステージでカメラマンを庇って右手を骨折してしまうも初体験は若さゆえ、するんです。
みよし先生のマンガでちゃんとした濡れ場見た事なかったのですが、しっかりじっくり時間掛けてやっちゃってます。右手を三角布で吊りながらもしっかり感じさせて初めてなのに陽太くんぐずぐずで中イキまでしちゃいます。
陽太くんの乱れる姿カワイイし、オラついてる鷹臣さんもカッコいいです。オレ様攻め苦手なのですが割と素直に気持ち伝わる人なので許せる。
骨折中に激しい運動したら熱出ちゃわない?と気になってしまいましたが、ロキソニン飲んだらえっか。
それより、愛し合う方が大事だもんね、うん。

初体験も済ませるんるんの陽太くんが不安になる様な話を盗み聞きしてしまって後半陽太くんのメンタルが揺らぐんだけど、そこで落ち込むだけで終わる陽太くんではなく、アイドルとしてもっと高みにいく為にはって考えた行動に出るのよー。

もうこれ以上は書ききれない位後半にもエモい出来事が起こるんですがそれはご自身の目で確認してほしい。
ステージ上でのキメキメの時、痺れるカッコよさ!本編ラストのリダストレボのメンバーがステージでポーズ取ってる見開きの絵がとてもとても良いです!
カラーで見たいー!

アイドル作品だけに、キメの絵がちゃんと決まってるとキュンとします。

実は前巻ではちょっとよくわからないな?と思ってた人物設定が今回明らかになるので前作しか読んでない方は是非今作を読んで欲しいです。

出来たら今後、スターナイトの2人のお話も読んでみたい。
白馬くんは、まぁまぁな性格してそうなんだよねー。

ギャップ萌え、体格差萌え〜♡

評価だけしか出来てなかったので、
2巻が出たタイミングでレビューも。
久々に読み返しました。

ヒール系アイドルユニット[リ ダスト レボ]の
ボーカル陽太は、
実はキラキラ王子様ペアアイドル[スターナイト]の
白馬くんに幼い頃からずっと片想い

ステージではオラオラキャラしてるけど、
白馬くんのキラキラオーラ浴びてしまうと途端に
ふにゃっと素が出てきてしまう。
イメージ命のアイドル業、リーダーの鷹臣はそんな姿を見逃さない。
度々態度を改めるようあの手この手でちょっかい出してくる。
ステージ上でも鷹臣から陽太へキスのファンサ!(これは、ファンは堪らんでしょうよ)
そんな片思いの相手白馬くんは、同じグループの相方とどうやら恋人同士らしくキスしてるところに遭遇&失恋。実は、鷹臣は、付き合ってる事を知ってたから陽太くんの片想いに気が気じゃなかったんよねー。

グループのリーダーだから面倒見てる様に見せかけて実は好きだっただろ?と読み返して思ってしまった。
鷹臣さん、陽太の呼び方がいつもは「お前」、みんなの前では「ヨウ」なのに、たまに「ひな」呼びがあるのが、萌え〜。感情が昂った時に「ひな」呼びしてるんよね。
無自覚な可愛さに鷹臣さんやられてるんだろ。あと、白馬くんへの嫉妬もあり。
何度も、キスしたり前戯的な事はしてるんだけど、最後までは致さずに終わっちゃってたので、続きが出てくれて嬉しい。もっと2人は親密になってるのかな?

攻めの方が身長低いのよかったです。とにかくどんな意味でもギャップがあるの好きなので。
あと、アイドルのお衣装が素敵でした。花柄のジャケットが特に好きでした。ステージ裏でスタンバイしてる姿も痺れました。
あのパーンって飛び出てくる装置にいる姿、3次元のバクステ映像見る時にも
『その真剣な表情、はぅぅ。。。カッコいい!』ってなるので、マンガでも同じ感覚味わえてよかったです。
今から続き読みたいと思います。

やっと、対等になった?

攻めにムカつきながら読み進めた3巻。

新しいキャラ登場
受けの弟がアメリカから送った荷物がある人物の物と入れ違いになってて交換しないといけなくなった。
その人物が荷物持って自宅にやってくるという日に、
受けの自宅近所ですったもんだのあげく、
路上でのプレイ。。。
その人物に見られちゃいます。てか、住宅街でギャーギャー騒いでエロいことしてるなんて。。。マンガ的だなぁ、あり得ない。
磯貝(受けの弟の恋人の親友)は、食えない男で
面白がって5日間自分に付き合うように脅迫。
その内容は、カラオケ〜。
カラオケ苦手な受けを無理やりこの歌なら絶対知ってるし歌えるからと、ドラえもんを歌わせる。

このチョイスが、後々まで効いてきて勘違いと笑いのポイントになるんだけど、平成生まれ令和育ちの若い腐女子には伝わらない面白さになってしまうなーと思ってしまった。
私は昭和生まれなので、ドラえもんの歌と言えば
[あんあんあんとっても大好きドラえもん]の歌詞でお馴染みの「ドラえもんのうた」なんだけど、
2007年から主題歌は、「夢をかなえてドラえもん」になり2019年からは星野源さんの「ドラえもん」になっちゃったんだよ。

それがスタンダードドラえもんソングと思ってる世代が読むと???何のこと?ってなってしまう。

「あんあん言わせて、大好きって言わせたよw」って攻めを揶揄って話をややこしくするところ面白かったんだけどねー。

で、またやるやらないの攻防戦で
自分との行為を受け入れる気無いってこと?
当たり前だろ!の答えに対して
じゃあ、最初っから
もっと拒否してくれたらよかったのに!
期待させやがって!って逆ギレ

ホントにこの攻め、嫌い。
オメーが強引に強姦したんやろがいとまた沸々と怒りが湧いてきてしまう。
私なら怒りなのですが、
こちらの受け様は、絆されてもいつもより流されちゃって今回快感も得られております。

まぁ、合意ならいいです。
私の好みの攻めでなくても受けが許すなら
お幸せにと思えます。

取り敢えず、3巻でやっと受けの気持ちが緩んだのかな?(何がキッカケなんだかわたしにはわからないけど)

ムカムカしながら読んだ

1巻で共感出来ないなと思ってたけど、
只今電子で3巻まで無料開放中なので読み進める。

更に攻めの事が嫌いになり腹立つ〜って思いながら読んだ。
2回したのにあれから進展がないって悩む攻め。
やったら好きになるわけじゃねーしな、出直してこい!
どこまで引っ張れるかなと様子見をしてた、最長二ヶ月は身体求めてこないのかと実証されたと受け。
それを聞いて、堪らずにがっつきもう少し頻度を上げて欲しいと交渉。一ヶ月に一度と言うことになり、それなら一度を濃厚にって一晩で4度抱く。
一ヶ月に1発射って意味じゃないのか。解釈違いだな。
受けが、それじゃ身体が持たないってことで、もう少し頻繁でもいいから一度の回数減らしてって言い出して、なんと週一になりましたとさ。
って何やねん!攻めしか徳じゃない。

結局その週一が憂鬱で仕方ない受けと、なんで?ってなってる攻め。

オメェ思いやりのカケラもないのか?
お前が受けになれやっ!受けの負担考えろやー!ってオラついた気持ちになりました。

強姦まがいから始まるBLたくさんありますが、
受けの許容があるからこそ楽しく読めます。
嫌がってるのに、行為に及ぶってなんか楽しく読めません。

「じゃあ、なんで受け入れてくれたんですか?」って攻めの問いに
受け「お前が、大学辞めるとか脅迫してくるからだろ!」
攻め「じゃあ、脅迫されたら誰とでも寝るんですか?」
受け「そんなわけ無いだろ!お前だからギリでガマンできたんだろーがっ!」
の答えに、めちゃくちゃポジティブになる攻め。
それって無意識に好意持ってる?って。
いやっ!要約しすぎじゃない?
私はそうとは取らんよ?

とにかく、2巻で更に攻めが嫌いになりました。

と言いつつ、3巻も読みます。

読んでみたら、うーん

友達とアニメイトに行き新刊コーナー見てたら13巻が出てて話題になったので、読んでみました。
タイトルは知ってたけど、読んだ事なかった作品。
前情報全く無しに読み出しました。

受け攻め逆に思ってました。
あー、確かにギャーギャーうるさい方が受けで
人の良さそうな気弱そうな後輩が攻めって王道だった。

同意無しにレイプしといて、好きなんだから抱きたいと思うのはしゃーないだろ理論でキレてくるの
ウーンでした。
1巻の時点で、受けは全く絆されてもないし
しゃー無しにSEXしてる感じ。

全然感情移入できないし、
うーん?面白いかな?と思ってしまいました。

斬新!おもしろい!

表紙をよくTwitterで見掛けてて
とうとう買ってしまった。
初読み作家さんは、慎重にいきたいと思いつつ
今年はガシガシ手を出してしまっている。

あらすじも何も読まずに読み始めた。
3ページ目でいきなり主人公(受け)の小林が
女の子になっちゃった?!
ん?ファンタジー設定?とビックリしながら
読み進める。
女になったのを、易々と受け入れて
男の10倍と言われる女の快感を得てみたいから後腐れない職場の後輩に抱いてもらおうと企んで自宅に突撃。←考えがエロ漫画w
何コレ?BLなの?えっ?てなってたら、
実は催眠術に掛かってたって、なんやねーんw
抱いてとねだった後輩の高津、実はゲイで小林の事がタイプだったと告白。女は抱けないけど男に戻ったら抱くけど?と。
男の前立腺も射精より100倍気持ちいいらしいから
経験しない手はないのでは?と後輩高津に言われて
迷いだす。
ここまで、第一話ですよ?
なんなの?面白すぎる!ってなってどんどん読んでしまいました。

2人が関西弁なのもあり、会話がテンポ良くて
そんなところも面白い。
チョロい先輩がジタバタしててむっつりクールな後輩が淡々と、でも着実に落としていってる感じが良かった。興味ないふりして実は、前から気になってたなーんて。

6話の過去話、この時に高津くんは小林の事好きになってたんだろーなー。
なんて、ほんわかしてたら描き下ろしの初っ端から笑わしてくれる。
真面目に何か話してるな思ってたらセックスがマンネリちゃうかって話w
そこから、場所変えてみよって事で初の小林んちへお宅訪問。勘違いで、お互い噛み合ってない感じもおもしろ可愛かったです。

読んだ事ないテイストのお話だったので、うり先生の他の作品も読んでみたくなりました。

そわそわ、どきどきしながら読みすすめた

ひとまず完結します、と
作者の犬飼のの先生の言葉があったので
心して挑んだ11巻。
龍神を地上に縛り付けている契状は見付けられるのか?
楓雅の視力と榊の健康はどうなるのか?
常盤の中にいる龍神様はどうなる?
剣蘭の中にいる常盤の精神は、無事常盤の身体に戻れるの?
元より、剣蘭の精神はどこに?
竜花様の生まれ変わりは誰なのか?

全て回収されます。
とってもよき終わり方で、ラストまたもや
のの先生からの爆弾が投下されてます。
まだ、この先はどうなるのか未定ですと言われてましたが、これは、第二章始まるでしょうよ!
てか、読みたいし!
あと、剣蘭を幸せにしてあげて欲しいし、柏木と白菊の初々しい2人も見たいし、
なんと言っても楓雅さんと椿さんのお話をください。

龍神様は、ただの肉体の喜びより恋愛をして両思いになってからのSEXの方がより楽しめるという剣蘭(常盤)の入れ知恵を守って薔くんとは致さないのですが、前戯まではあれやこれや行います。

その中で、玩具プレイがあってとても詳しくグッズの描写がされていたので、絶対アレだなと思っていたらビンゴでした。(先生がツイートしてくださった)
あぁぁー、あーゆーので薔くんの薔くんをぐにぐにしてたのかぁーとニヤニヤしてしまいました。

龍神様、常盤にそそのかされて薔くんと恋愛しようとしてたの、素直だしチョロいし可愛いやん。

バーベキューでトング持ってはしゃいでる龍神様可愛いよ、常盤なら絶対しないもんなー。

ずーっと龍神常盤のままはしんどいけど、憎めない神様でした。

去年の朗読劇キッカケで読み始め、11巻まで楽しく読ませていただけてのの先生に感謝。
今年は、暴君竜とブラプリの2作品共にひと段落でした。新しい展開をどちらの作品も待ってます。

とんでも設定だけど聴く価値あり

シリーズ第三弾です。
第二弾が大好きで、こちらも手に入れました。
アニメ制作会社が舞台って珍しい。

アニメの制作進行・えんちゃんこと受けの縁、人気アニメ監督・亮介、奇才アニメーター・葉月の3人のお話。
へらへらおじさん亮介とムッツリな葉月の攻めふたりと可愛い受け、えんちゃん。

初っ端からおっ始めてるシーンからだったので
あれ?再生チャプター間違えた???って思ってしまった。
村田さんの受けめちゃくちゃ可愛いんだが?
行為に没入して気持ちよくなってる感じがとても伝わる。
おじさんのしつこい攻めに、若さゆえのちょっと嫉妬した感じが良き。

3人で致す事になったキッカケが、三徹で疲れ溜まってるからリフレッシュしたいって監督に対して、それなら僕で解消してくださいっ!制作進行として性処理も受け止めますってんなわけないwどこのエロ話やねんって心の中でツッコミ入れる。

最初からエロエロなえんちゃん。
あなたもしかして、お尻開発してたんではないの?
ひとこともそんな事言わないけど。
3人で致すシーンが、前2作より多い気するんですが
やっぱり3作目だから
サービスを増してくださったのでしょうか?

制作現場の作業を滞りなく進めるためのリフレッシュがやがてトライアングルラブに進展するこちら。
嫉妬もスパイスで仲良く三角関係なので良いのでは無いでしょうか?
3人ともタイプの違うキャラ、声質でバランスが良いです。

パン姉さんが好き

後追いの立場からするとありがたいSS集。
ドラマCDが大評判になって、電子でまず一作目購入。
一年位積んでて、友達から紙版をおすすめで貸してもらいあれ?わたし持ってた?となり読み始めてどハマり。めちゃくちゃおもしろいじゃないか!と、大好きなシリーズになりました。

もともと、攻め視点と受け視点どちらも描かれている作品がすきなのですが、このシリーズは受け視点が本当に面白くて好き。
圧倒的カースト上位な俺様受けがモダモダしてて思い通りにならず泣かされてるのがかわいそかわいくて面白い。

今回は、SSが15作入り。その内2作が書き下ろし。
KISS ME、安息はどこにある、は既読でしたが、一冊にまとまっていると読みやすくて良い。

清居に親衛隊が居てて〜ってお話が面白かった。
パン姉さんにも一目置かれてて親衛隊公認の平良ってば!
役作りの為太ってる時期、平良に会わない様にしてた清居。なのに、ちゃっかり姿見てた平良。さすが、どんな清居も見逃さないな。
しかし、甥っ子にプーさんみたいって言われるくらいの清居どんなだったんだ。

本編の続きまでの繋ぎとしてのこちらのSS集
萌は、少なかったですがクスッと出来るお話が詰まったファン必読の一冊です。

兎の森 2 コミック

苑生 

志井がんばれ!

美しい表紙で、プラトニックな高校生の穏やかな話かなって思ってノーマークだったのが悔やまれる。
めちゃくちゃどろっとしてて、正に私好みの作品じゃねーか!
今回、ドラマCD化で興味を持って読んだので、CD化に感謝です!

2巻は、煩悩のお話といっても良いくらい。
志井の欲望と青春の葛藤、環の根深い性のトラウマ。
ちょっと時系列が混乱してしまったけど、志井が中学の時に出会ったタクミさん。結構好き。
他の作品だったら主役のビッチ受けに躍り出そうなタイプ。(タクミさんのスピンオフ読みたい)
描き下ろしの[かわいいおとこのこ]が、本編で志井視点で描かれてたものの、タクミ視点で面白かった。
モノローグの「お兄さんの顔面でおイキ!」が、
最高w

タクミさんは、SNSで環と顔が似てるなと思って会いに行った相手。
タクミさんは、八重歯があって、環は、下の歯で少し歯並びが悪いトコがあってって描写が細かくてとてもよい。
ディープキスで環の歯を舐めてる志井、めっちゃ刺さりました!

環のお母さんヤバいな、ネグレクトの次は性的虐待未遂とは。
志井が気付いてあげられてよかったよ。
性的嫌悪がある子に対してどうアプローチしていくのかと思ったら、悩みながらもガンガン攻める志井。
この先も2人から目が離せません。

2巻はコミカルな描写も多く、シリアスと笑いのバランスがとても良かったです。
志井がゴメンねLINEする動画と写メのくだり、
環お気に入りのチベスナドアップTシャツに監視されてるってくだり面白かったw

構図やコマ割り、トーン使いが素晴らしく何度も見返してしまいます。

本当にこの作品に出逢う機会があってよかった、
CD化企画してくださった方、ありがとうございます。