aaaiiiaiさんのマイページ

レビューした作品

エキスパートレビューアー2022

女性aaaiiiaiさん

レビュー数131

ポイント数978

今年度41位

通算--位

  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

動画配信がキッカケで繋がる2人

人にオススメされて読んでみました。
この表紙だと私は自主的に買ってなかった。

独特のテイストで面白かった!

メイン主人公は、攻め側。
お隣の動画配信の撮影する声がうるさくて、
ついに文句言いに行ったらヘンテコな関係が始まって……って話。配信者BL最近増えてるけど、配信者とフォロワーや、配信者と動画編集者じゃないんです。配信者と、ただの騒音で悩めるお隣さんです。

2人共のキャラが良かった。寡黙ムッツリ愛が重い世話焼きゲイ攻め熊沢と無自覚素直ワンコノンケ受けのコーイチ。
熊沢は、意地悪じゃないし寡黙。コーイチの事を、こいつ変なやつだなとずっと観察の姿勢。コーイチは気になる事には素直で意地張らない。天然で愛されキャラ。[モテるためのテクニック動画]のネタの為に、もう一回キスして欲しいってせがんじゃったりする。

無邪気に懐くコーイチと好きにならない様にセーブする熊沢、この2人だから面白く読めたなー、キャラ設定って大事だわと思った作品。
熊沢の慣れたテクニックにメロメロになってしまうコーイチがおバカ可愛かったです。

当然の様に初体験時にコーイチの腰の下にクッションを敷いていた熊沢。優しさ。

絵はまだ発展途上な感じがしました。無機質なタッチです。顔が小さ過ぎないかい?と思ってしまったり。

シーモアで購入。白抜き修正。

もっと惨いエンディング想像してた

なんか、覚悟して読んで的に言われてたので最悪のパターン想像してた。(尻の穴がバカになるってのは聞いてた。)
気が狂ってしまって誰彼構わず誘う乞食で周りに白い目で見られるみたいな。

そんな終わり方でなくて良かった。美しい、悲しい終わり方でした。


お菊さんが、あんなに銀さんに対して心配して最後あんな事するまでになるとは思いもせず。
あと、爺やが亡くなった日に銀さんを助けてくれたのもしんどいシーンが続く中でのささやかな清涼だった。

あの遊郭の主人、銀さんへの執着が恋愛感情なんじゃって周りに薄々気付かれて自分では無自覚でより虐めてしまうって、それ小学生男子や!好きな子いじめるのって。
彼の最後、銀さんを自分に一生縛り付ける為の借金の書状火の中に探しにいくのがもう何と言うかだわ。好きな子には、素直に優しくしましょう。そうすると好きになってもらえて両思いもあったかもしれないよ。

常さんを探し出してやっと逢えたと思ったのに、これまた切なかった。弟分の政が吉原の大火で目を患って常さんは政と生きていこうと決心しちゃってて、愛する銀さんが現れてももう遅い受け入れられないと断るんだよ。
常さんが悪い男なら近くに銀さん住まわせて上手いことやるなんて展開もあるんだろけど、そんな事はしないんだな。
まぁ、銀さんは常さん愛してはないもんな。

あの常連のお客がまさか警察官だったとは思いもよらんかった。抱いてくれと懇願する銀さんは映画吉原炎上の西川峰子さん演じる女郎のあの有名なシーンを彷彿させました。

全体的にとても読み応えがある作品で続きが気になり過ぎて一気読みしてしまいました。
あとがきを読むと、銀さんのキャラデザはモデルの男性がいたそうで、どんな方なんだろうと思ってました。その方とお会いする機会があり、実はお互いにファンだったと知って……その方が現パートナーなのだとか。最後にいいお話知ったなと思いました。

えげつなかった

上巻で、面白いやん!と読んでた。
調子こいてたやつが落ちぶれる王道なお話だし、銀さんって見た目髭毛むくじゃらガチムチおじさんだけど、典型的なエロ漫画ヒロインやんと。

中巻は、これでもか!とエゲツない拷問のオンパレードでした。やっぱ、汚い系と病院行かないとあかんレベルの行為は苦手ではあるわ。前回、足抜けして、爺やの待つ上野駅目前でゴロツキに見つかって拉致監禁。列車で東京を立ち去りつつ、銀さんを思いながら涙する爺やと男共に輪姦され無念に涙する銀さんのコントラストが効いてておおっ!と思いました。列車の動きとSEXの動きをシンクロさせてるのはちょっとギャグなのかな?と思わされたけど。
そこから見事脱出し、ひと目会おうとなじみだった元女郎のお菊さんの元に。これ、連れ戻されるフラグやーんと思ってたら案の定ですよ。
廓に連れ戻されて折檻の日々。終わることなき地獄に死んだ方がマシやん?と思うも銀さんタフだよ。
局部に牡丹と蝶の刺青入れられて、男女郎初お目見えって見せしめ。刺青がプリントチックだったのがかなり残念。見惚れてしまうような刺青が見たかった。

毎日毎日こんな事繰り返されてカラダはボロボロだろうし、気でも狂いそうだと思ってたらラスト急にラブ展開きてびっくり!
何クソ!と意地で生きてる方が良かったかもしれんよ、この先愛を感じてしまったらなんか辛い展開になりそうな気がするんだけど。

あぁ、気になってしまうから続き読みます。

こういうのも好き

とある知り合いの方が田亀先生作品が好きと言われていて教えてもらった作品。
まずは、ドラマ化された[弟の夫]からとオススメされたのに、ハードな方に手を出す私。
BLじゃないよ、ゲイ劇画作品だよと読めるか心配されましたが、とても面白く読みました。元々男女モノの倫理的にどうなん?って劇画エロ漫画も読んでたので、難なく読めました。

調子に乗って遊びまくってた若旦那が落ちぶれて男女郎として売られて酷い目にひたすらあう話。
主人公[銀]は異性愛者なので、ラブは無いです。肉体的に開発されまくってます。
容赦なく酷くされるのでコッテリ濃厚です。尻の穴崩壊しないか心配ですが、医者の診察によるといい熟れ具合なんだそうです。

この先まだ2冊ある。どう進んでいくのか楽しみです。毛むくじゃらだし、髭のガチムチおじさんだし、出てくるキャラみんなそんな感じなので絵的に好みではないですが、漫画が上手いので読ませてくれます。

だからといってみんなにオススメはしないです。
陵辱モノが好きな方にはなかなかよいです。

シーモアで購入。
オトナ作品扱いだから刻み海苔修正かと思ったらモザイク修正でした。BLの方が甘いですね。

今回切ないけど、面白い。

陶也が翼に手を出さないように
必死で翼に興味ないフリする澄也。
でも、いざ陶也が翼にちょっかい出すと我慢できずに庇ってしまうっっっ。

陶也と澄也のイチャイチャを絵で見せられるとインパクト大だった。チューしながらの陶也のドヤァな顔とか。
なんか、澄也といちゃつく相手って必ずドヤるなぁ。トロフィー感あるのかな。澄也は、俺に夢中なんだぜぃ、ドヤァ!みたいな。

今回は澄也と翼のすれ違いのターン。
原作読んでるから、絵になるとどうなるかの確認のような読み方になる。割と、澄也済ました顔してるけど、好きなのバレバレな行動と表情してて面白い。なのに、口では翼に酷いことばっか言うから翼は悲しくなっちゃう。体調も悪いし気持ちが萎えるよね。
央太もマヤマヤも兜もみんな翼に優しい。
マヤマヤと兜は、長年澄也といるからあぁは言いつつ翼の事を好きなのを見破ってて、2人を応援してくれてる。
わざと澄也に嫉妬させる兜のシーン、面白かった〜。
澄也ってば、翼の事めちゃ好きやん。でも、無自覚。兜が悪巧みしてるとても悪い顔で、面白かったw
はぁ、続きが早く読みたい。
単行本は、年イチ発売だから来年だなー。
全ムシシリーズコミカライズ希望です。
南十字明日菜先生!お願いします。

悪癖 2 コミック

イイモ 

すんごく濃ゆい2巻

2人の過去がしっかり描かれる2巻内容濃すぎでしょ!
もうどこをどう書いたらいいかわかんない、でもどんどんこのストーリーに夢中になってる。

大門も小島もなかなかハードな幼少期を過ごしてる。やっぱり、子供の頃の生育環境って多大に影響するよ。
大門のお母さんにはゾッとしたし嫌悪した。本人善意なんだもん。
小島の父、母に関してはよくありそうな虐待。名家故の教育という名の下の折檻。

あーゆーのや、森で仲良くしてた山男の焼身自殺が小島、確実にトラウマ化してる。凄くねじれて拗れた感じになっちゃってる。

なんか、2人で不器用ながらも色々ぶつかりまくって傷だらけになりながら前に進んでいく感じにグッときちゃう。

蠍の間に大門が助けに登場する流れ、心配したパトロンの親父、岩蔵、美久里先生がちゃんと小島を心配して大門に小島救出の願いを託すとことか、スリリングでワクワクした。

めちゃくちゃハードなシーンあるしどうなっちゃうのかわからない2人だけど確実に心の距離は近づいてる。続きが気になります。

悪癖 1 コミック

イイモ 

ある意味救済ストーリーでしょ

1年ほど前に読んだけど、どう書いたらいいのかわかんなくてレビューは書いてなかった。
やっぱ書き留めておこうと、再読。

凄く難しい、でも好き!共感はしないけど小島と大門の2人はとても魅力的でこの先どうなるのか気になってしまう。
2人共過去に何らかのトラウマを抱えていて、表向きの顔と裏?の顔が違うんだ〜。愛し合ってる訳ではないけど、2人でいると自分を曝け出せる。

私は、好きな人にいい面しか見せないお付き合いは長続きしないと思ってる。だって、疲れちゃうやん?もしくは、本当の自分を見せてくれないって、不満に思われるかもやん?

自然体でいれる関係、気を使いすぎない関係が1番。依存したり、依存されたりもしんどいよ。

小島は、相手に合わせてプレイするから性的に執着されやすい、割とセフレがヤンデレ化してしまう。
どう対処していいか私ならわかんないわ。

大門は、表の顔はどこを切り取ってもいい人。でも、ちらりとドス黒い部分が、小島といると垣間見える。いい人でいてる自分に知らない内にストレス感じちゃってるから小島ムカつくと思いつつもお互いが惹かれ合ってて、1巻の最後なんてちょっと可愛くない?
大門のひと言に小島バスタブにぶくぶく潜っちゃってるし。
はっず!と引きつつも照れてるでしょー!

一筋縄にはいかない、ストーリーですがとても面白いです。

シーモアで購入
白抜き修正

期待し過ぎたかなー

割と王道パターンのお話。
絵は素晴らしく美しいです。

優秀な子孫残すために利用されてるって親友の口車に乗せられて受けが憤慨するのは、ちょい子供っぽいなと思わざるを得ませんでした。
エリート校の生徒会長ともあろう受け様なのに。

あと、攻めと受けの体格差がある完全に美少女的な描かれ方で、私的にはうーんですが、まぁオメガバースだからええかと許す。

体格差も私は好ましくないけど、(攻めが小さくて受けが大きいはアリです。ギャップがよい。)ちんのサイズが明らかに違うのは、本当に不満です。まるで、受けのちんは使う事がないかの様で。同じ、もしくは巨大な方がよいんだけどなー。

たゆたう琥珀 コミック

カジス 

みんな読んで!

BL仲間から薦められて、アワードノミネート作でもあるので読みました。

めちゃくちゃ良かったです!
次にくる部門、投票順位変わる位でした。
正に番狂せ!
恋愛よくわからない、セフレ関係が楽でよくね?って男の子が本当の恋を知って成長していくお話です。
もうね、セリフ少ないですよ。でも、表情でとても伝わるの。アングルも良い。漫画が上手だなーと思わされました。セリフやモノローグで長々と書かなくてもちゃんと伝わる。

転職先の出来る先輩に惹かれていく、駆け引き、大人ゆえの余裕と初々しさに対しての可愛いなって想い。2人共の心情に共感できます。
1冊丸ごと表題作だと思って読んでたらあっさり終わってしまったので残念。
続編あるのかな?

同時収録作も、包容力攻めと1人でぐるぐるしちゃう受けのお話でこの2人も可愛かったです。

エッチなシーンは無いですが、心の動きがしっかり描かれているので、キューンとしますし満足度が高いです。読むと人に薦めたくなる作品です。

表紙のイラストでは決して選ぶ事がなかった作品です。でも、中の絵は好きでした。カラー苦手な作者さんなのかな?
オススメしてもらって、素直に読んでみて良かったなーと思いました。

ラストになんでそんな事言わせる〜!

1巻よりも面白かったです。
相変わらずTLとなんら変わらないなと思いながら読みましたが。

1巻の最後に出てきた男、当て馬なのかと思いきやそこまでの働きはしなかったな。
当然のようにやりまくってるこの2人。
なのに、まだ動画削除してもらう為の行為って名目になってんの?!信じられない。もう好きだ付き合ってるってお互い認めろよなー。

この感じだと3巻で攻め視点がやってきて、実はずっと前から受けを見染めてたってやるんでしょ?
んで、もう動画でダラダラ引き延ばすのはやめようってちょっとすれ違ってからのハッピーエンドなんでしょ?って予想してます。

シーモアで購入。完全白抜き。