ももよさんのマイページ

レビューした作品

アドバンスドレビューアー

女性ももよさん

レビュー数24

ポイント数117

今年度58位

通算--位

  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

こんなバス最高!!!

『偏愛ディテクション』が、ものすごくツボで気に入ったので、作者さんで購入してみました。
やっぱり、好き!!!

バスガイドとバスの運転手のお話。
顔だけが良いバスガイドの宮田は、イヤイヤ仕事をし、ゲイバーでそれを愚痴りながらも続けていた。寮に戻ると、バス運転手の金平は彼女に性癖を拒否られフラれてやけ酒をしていた。
金平はもっさりした見た目だったが、メガネを取り髪を上げると。。。

ノンケだけど、快楽に弱い金平が始めて人を好きになり、束縛や嫉妬の感情を知っていく姿が可愛すぎます!!
そして、それらを恋愛初心者だからと、全てプラスに受け止める宮田がかっこよく、仕事ができる人がタイプだと金平が言ったら、周りを観察し向上する姿にキュンキュンします。
すっきりした結末で、本当私好みの作品。
内海先生の他の作品も、読んでみようと思います。

夢の設定

男子校に通うマナブ。その兄は保健医でゲイ。淫らな生活をする兄を見てきたせいで、自分はそうならないと決めていたのに。。。

マナブが兄と同じ道をたどるのは分かっていたけれど、転がり落ちるのは早い!早すぎるwww
そして、その友だちも同じ道を。。。
ええ?!って思うけど、まぁしっくりきていていいか!!という気持ちになります。
そんでもって、もう一人の友だちは。。。
そんなこんなで、これはBLだからこその夢の設定!!
こんな上手くいくか?とか、落ちるの早くない?とか色々思うかもしれないけれど、最終的にしっくりくるから、何だか神評価な感じでした。

なるべくネタバレしないで良さを伝えたかったので、分かりづらいレビューですみません。
でも、絵もきれいだし、お話も面白いし、すごく良かったです。

攻の顔がいい

普通の高校生ちひらと、その幼馴染の亜郎。
ある日、体調が優れないちひらの首元にリンゴ型のアザがあり、それを見た母親から『淫魔の血』が目覚めた事を聞く。
男性から精液を注入してもらわないと死んでしまう。
それを聞いた亜郎は、ちひらとHをするが。。。

亜郎の顔が、マジで良いです!!
アザに気づくまで、彼女欲しいと騒いでいたちひらが、アザの出現でガラリと生活が変わってしまい、幼馴染に頼らなければならないところとか、男性を惹き寄せてしまうことなど、かなりちひらの辛さが感じられる描き方で、幼馴染と、はい!ラブラブで終了といかないのが、面白かったぁ。
小さいときからずっと一緒で、いきなりHって、流されてしまっても、後から後悔や羞恥心があって辛いだろうなと共感。
結構エロエロだし、絵も可愛くてホントオススメ。
話の中で、時折出てくる笑える箇所や、ツッコミ?が、かなり私のツボで、何度もクスッときました。

ifバージョンもあります

話が2パターンあり、自分だったらどちらを選ぶかを、読みながら考えていましたが、もう途中から、どちらもイヤ!!!となったので、物語に没頭することにしましたwww
中々重いですよ。でも結構好き。
絵がキレイなのと、主人公のDが華奢で可愛いのがオススメ。
途中、もしもこっちを選んでいたらという話があったり、攻視点と受視点がそれぞれ入っており、双方そんな風に思っていたのかぁとなります。
私は、重い展開が苦手ですが、こちらの作品は甘さもあり、読みやすくバッドエンドではないと思っているので、読んで良かったと思いました。

No Title

なろ先生の『道頓堀フライングジーザス』を読みとても良かったので、他の作品もと、こちらを読みました。
表紙の感じから、ほっこりしたお話かと思ったのですが、読んでみると途中ネガティブな展開に。
でも、それらを忘れさせる話の持って行き方が、なろ先生の素晴らしい所だなぁと思いました。

攻の港人は、大学生で就活中、受の春喜は同じく大学生だが、ストリートミュージシャンをしながら音楽の道を志す。
そんな2人のラブラブな生活から話は始まるのですが、港人は自分がゲイである事を普通ではないと友達や親に言われてきたため、春喜との仲を周りには内緒に。

高校生の時に、ゲイだと言う事が周りにバレてしまい、ヒドイことを言われ耐えていた港人。良い会社に入り、真っ当なフリをする。そんな呪いのような言葉を親から言われ精神的に追い詰められた時に出会った先輩と付き合ったが、それも港人にはマイナスでしかなかった。。。
この辺りがかなり暗くなるのですが、現在の春喜の明るさが救い!
二人共自分の生き方に、途中不安を感じてしまうけど、互いがいるから助けられたし、ハッピーエンドなのが本当に良かったです。
かなり重い内容だし、もう少し先輩との関係や、その先輩の彼氏のことも深く知りたかったけれど、これを1冊でまとめられていることもすごいと思います。できたら、この先の2人も見てみたいので、続きを!!と願うばかりです。

No Title

遊良(受)→SMバーのカウンターと、平日昼間はレストランのキッチン。
智宏(攻)→ショップ経営者

遊良が働くバーに付き合いで智宏が来て、2人が出会ったところからのお話。ただ、遊良は智宏に対して印象悪く、身体を重ねてもそれは自分が主導権を握れなかったことに腹を立て、そのリベンジのために次にまた会おうとする。最初の頃は智宏の考えがよめず、つかめない人という印象でした。逆に遊良は負けず嫌いの強気美人。
遊良がそうなったのは、過去に理由があり理解出来るのですが、智宏はいつから遊良を好きになったのか?ペットとしてではなくというのが、ちょっと摑めませんでした。
展開としては、とてもおもしろく、途中不穏な感じで、ヒヤヒヤしました。最後は互いに言いたいことを言える仲になり、ハッピーエンド。ただ、最後まで智宏のキャラが掴めなかったのが、残念でした。

キレイな上司は大好物です!

手が届く範囲の物を動かせる超能力と、自分の周り5メートル以内の人の考えを読める超能力を持つ狭山。会議中隣に座っていた部下の金子の思考を覗いたら、自分が金子に犯されている妄想が!
何度も金子の妄想を覗くうちに、気になり始めてしまった狭山は。。。

2つの超能力が使える狭山。最初はサラッとしたタイプの上司でしたが、金子の妄想を覗くたび何だか人間らしさが出てきて、その変化にも惹かれました。
告白のシーンが自然な流れでとても良かったです。コーヒーがぶつかりそうになった時に、もう一つの超能力がある事を私は思い出し、一気に惹き込まれました。
仕事中は出来る上司なのに、プライベートでは髪を下ろしていて、金子じゃないけど「可愛い!!」と心の声で叫んでしまいました。
特に酔った狭山はやばい!!あの場面何度も繰り返し読んでしまいましたwww
超能力のせいで、恋を諦めていた狭山ですが、すべてを受け入れて認めてくれる金子に出会い、超能力を隠さずに接する事で、本当に幸せなんだなぁとキュンキュンしました。
すみません。受の狭山のことばかり書いてしまいました!可愛すぎて。。。
こんなにほっこりしたお話に、久々に出会いシアワセです。

面白い!!!

作品タイトルそのままの内容です。
転生したら森蘭丸になってて、織田信長に気に入られ、小姓となり歯に着せぬ物言いで信長の心の拠り所のようになっていく。

シリーズ物で、1冊では終わりませんが、この1冊だけでも面白い!!
蘭丸の可愛さや、信長の美しさと力強さが表されている作画がすごく良いです。読んでいて惚れ惚れします。
最初は無理矢理だったHが、中盤から蘭丸も何となく積極的に受け入れている感じがして、可愛すぎます!!
戦の勢いある描写もあり、信長のカッコ良さが際立ちます。
蘭丸と同じように現代から転生した者がいるような。。。早く続きを読まねばです!!

No Title

面白い!テンポ良い!絵がキレイ!
三拍子そろって神評価です!!

大学生で共同生活をしている五十嵐と久我。
だらしない久我に対して、小言を言ってくる五十嵐にイライラしている日々。ある時2人の手がくっついた。何をしても離れなかったのに、一緒に射精したら離れた。。。

ケンカップル好きの私にとって、とってもツボな作品。手がくっつく度に一緒にイクので、適度にエロさもあり、ツンケンしている久我に対し、密かに想っているのでは?という五十嵐の態度もイイ。
五十嵐は以前受験前に躓きがあり、久我は現在家族とのわだかまりがある。二人共それらの事が、相手に興味を持つきっかけになっているので、私は、このくだりがすごく好きで、手がくっつく理由もスッと受け入れられました。
また、絵も綺麗で、大学デビューする前の久我もカワイイ!!し、五十嵐の高校生時代の短髪も新鮮。

シロップ コミック

三ツ矢凡人 

不思議

ショクヨウと言う名の、人間と同じ姿かたちの生物。主に体液を蜂蜜のように食べていたが、現在は絶滅している。。。

そんなショクヨウが実は、人間社会に紛れて生活していた。晴はショクヨウということを隠して生きていたが、同級生の時雨にバレ、屋上で食される日々。でも、それは晴にとって嫌なことではなく。。。

ちょっと怖いですよね。
姿かたち同じなのに、ショクヨウとバレたら人間の命令には絶対に従ってしまうし、人身売買のようになることもある。何だか薄気味悪い感じがある中で、ショクヨウとのカップルが成立してますwwwこんな身近な所で、ショクヨウ潜んでたの?!
時雨と晴は、Hまで行ってないので、あっさり終わってますが、時雨の兄吹雪やその友達たんぼくんの話は、細かく描かれています。

ショクヨウは受と思っていた私をぶん殴る展開に、ビックリしました。吹雪くんそっち?!
あれ?彼女と旅行だったよね?あれ嘘?
そのへんが何となく腑に落ちないけれど、設定がとても気に入ったので、神評価です。