しろくろねこさんのマイページ

レビューした作品

アドバンスドレビューアー

女性しろくろねこさん

レビュー数2

ポイント数23

今年度174位

通算--位

  • 神2
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

わらとる!〜笑いと愛と幸せが溢れとる!〜

もう「てぺとる」の事しか考えたくない。

凡乃ヌイス先生とは「愛してるから嵌めさせて」とか「6と7」とか絵が上手くて、闇が上手くて、エロが上手くて、短編で魅せるストーリーも大変お上手じゃないですか?
まさかの真逆の、光でエロが少なくてギャグ増々も面白いとか勘弁して下さいよ〜(笑顔)

頭も顔も良い順風満帆人生の亮×明るい不器用ピュアの淳太のお笑い漫才物語です。
大手商社を蹴って人生全部を賭けた「俺とコンビ組みません?」
覚悟が伝わりました。
と言っても重い訳ではなく、亮自身が自己肯定感が高く天然のボケなので普通の会話もテンポ良く軽いです。
お笑いに対しても端々に冷静に真摯に向き合ってますので、ネタの考察とか、役割を逆にするとか…凡乃先生の笑いのクオリティが高くて普通にこのネタを芸人に使用出来そうなんですけど。正直BL抜きでめちゃめちゃ面白いです。

ただの先輩後輩がコンビになって、素敵な相方で、ずっと最愛の人になる過程が上下巻でじっくり読めて冗談抜きで後味がプ◯フェッショナルでした。鳥肌立ちましたね。
あ、「ずっと探して…」ってギターが聴こえてきた。

上下巻どっちかとか駄目ゼッタイ。お残し許しません。
因みに紙の同人誌に龍星君主役の◯リキュアみたいに可愛いタイトル「はぴとる!」発売中です!早速購入しました!届くの楽しみ♪

作品に対してレビューが少ないと感じますが、良い作品ってのは数じゃなくて1人の熱量ですよね。皆様のスーパーホットなレビューに惹かれて読む前から、間違い無い!と確信しました。もぅ私がレビューする前に言いたいことは全て他の方のレビューに書かれてますので伝える事が無くなりました。取り敢えず読め…下さい。

後書きにて、先生の決意を感じました。そこも二人とリンクしていた訳ですね。
僭越ではございますが、お礼の言葉を申し上げます。
この度は素晴らしい作品の御提供ありがとうございます。
日頃のご努力の賜物と拝察いたします。ご健康にご留意され、益々のご活躍をお祈り申し上げます。

こちらをお読みの皆様にも新しく挑戦される事もあるかと思います。
思いっきり謳歌してください。
今後も健やかにご成長されますよう皆様のご多幸を心よりお祈り申し上げます。

粋で鯔背な男前に興味深く惹き込まれ萌候

…八重辰と寅次の麗しき御尊顔を拝し奉り、わたくしめ眼福恐悦至極に存じ奉りまする。
至極難有仕合(しごくありがたきしあわせ)に奉存候(ぞんじたてまつりそうろう)

私も御多分に漏れず丁髷に若干抵抗が御座いまして
うーむ誠に髪が奇天烈なり。取り敢えず試し読みナリ。と読みまし…丁髷沼、幸せ。
寧ろ丁髷から、はらりと数本の髪の毛が垂れている様がなんとも艶と色気を感じました。

大柄で全身入れ墨の伊達男×訳あり何処か儚さを纏う美男の片想い同士が成就する迄のお話です。
絵柄、物語の運び方、台詞の一語一句全て細やかに精査されていると感じます。
こふで先生初読みでしたが、絵柄がとても好みです。
中性的なお目々キュルル睫毛ぱっちりでは無く、江戸男前で色気が出せる。
表情の描き方がトップクラスにお上手です。

寅次が7年間一途に探し続けるのも良いですよね。
待つだけでなく自ら進む。だけど引くとこは潔く引く。
中身も良い男。

何故八重辰は姿を消したのか?此処が肝ですが
話を進める程に、息苦しく感じどんどん拗れるのが辛かったです。心情的にも立場的にもノっぴきならない(退くも引くも出来ない)状況でお互いが想い合って居る筈なのに…!
◯◯の幸せの為に諦めるとの決断が結局◯◯も本心を言えず紙を寅次に見せる。
その手紙の中身が、皮肉で同情もあり何とも言えない…この文章が思い付くこふで先生凄い。
これだけ子供を想って居るのに「立派な親になる為」に手放す苦悩…からの忠太が良い仕事してました。忠太くん次巻も宜しく!
細かな設定や伏線が全てラストに綺麗に纏まって読後爽やかです。
因みに周囲の反応ですが江戸時代は男色に対して偏見や差別は比較的少なかったので違和感は無いです。

近年、外来語のXLやらDTやらDKやらRージュウハチとか…私の目に付くのは外来語が多くて勿論現代の作品も好きですが、江戸期の日本語は背筋が伸びる様な何とも美しいと再確認しました。

で?2巻でもっといちゃいちゃ見れるんですか!!?(大声)
春はあけぼのに肌を合わせる
夏は夜に情を交わす
秋は夕暮れに一夜を共にする
冬は早朝に枕を交わす
うーん、
どれも迷っちゃうなぁ。
有難き幸せ。

あ、何故ノはカタカナなのでしょうか?

電子が消えてる!?と思ったら新刊で再販されてました。

気付いたら1巻〜3巻作品が消えてました。
紙では販売されて居るので電子のみ?

BL手繋ぎ壁ドン顎クイちゅー頭撫でみたいな基本のキをご教示頂ける◯◯ゼミ的な素敵な作品だったのに。

限られたページでネタの宝庫だし、ギャグも効いて更にオチも付けて才能の塊みたいな作品だったのに。

勿論4巻のみでも楽しめ…いやいやいやいや駄目に決まってますよね。
1巻のお兄ちゃんから3巻の弟の友人関係に至るまでの軌跡を身体に入れ込んでからの4巻ですよ。

↑ 
と、昨日書き込みましたが、今日新刊にて再販されていました。
やった!良かった!
引き続き変わらず紺吉先生を応援して行きますので宜しくお願いします。

主人公がどうしても好きになれませんでした

評価下げてしまい申し分無いですが、主人公 斎 が苦手でした。
無自覚憑かれ斎×霊媒師おじさまマンション管理人 加々見。

斎はマンションの管理人 加々見
に初見で「君、可愛いね」と
声を掛けられた事でホモ認定し雑に扱うが、面倒見の良く責任感の強い加々見さんは色々な困難から斎を助けます。
まず、この可愛いね。だけで同性愛者認定し、あまつさえ罵倒する。しかも、祓って貰ったのにありがとうも言わない。
危険な所には行くなと注意しているにも関わらず、無謀な行動を繰り返し、最終的には加々見さん助けては、ちょっと虫がよすぎるかな。

ツンデレってレベルじゃなく只の生意気な世間知らずにしか思えませんでした。

年の差オカルトBLと有りますが、個人的にはBLでは無いですね。ただ気に入ったお兄さんを取られそうになってるイヤイヤ期の子供みたいなイメージ。手を握る事もしてませんから。
でも加々見は惹かれてるんですよね、それは愛なの?情なの?ちょっと分かりにくい。

BLを読みすぎたせいでハードルが上がってしまったのかもしれないですが、2巻なのに絵もストーリーもオカルトも全て中途半端に見えました。

どの作品でも当てはまりますが、出てくるキャラクターに愛着が持てないと駄目ですね。

ハッピーでファンキーでノスタルジーな

この世は老いも若きも男も女も、心のさみしい人ばかり、そんな皆様の心のスキマをお埋め致しましょう。
いいえ、お金は一銭もいただき…すみません、お金は頂きます。
こちらの作品鬼才はらだ先生のギャグとエロに振り切った作品となっております。
粕谷と葛谷が織り成す笑いあり、ちょっぴり切なさあり、モブとは言えない愉快な仲間もエッセンスにして是非ともお楽しみ下さい。
寒く塞ぎがちな心の隙間を必ずや埋める事が出来るでしょう。
まさか感動して泣くとは思わなかった。干しいも不意打ちずるい。

これの元ネタが分かるのは30代以上でしょうか。全く本編に関係有りません、あしからずご了承下さい。一回使ってみたくて。

兎の森 (2) コミック

苑生 

近くて遠い

1学年差の志井と環。

幼少期からじっくり、ゆっくり描かれていて心の機微や心理描写がとても上手い。

1年間限定で付き合うことが出来た志井には拍手を送りたいですが、恋愛の好きと友達の好きでベクトルが違い、なかなか進まない。

それには相当の理由があり、歪みが見えます。
環の家庭環境は正直虐 待レベルだと思います。喘ぎ声の中、普通に家に帰るなんて感情が麻痺したのかと思いきや、まだ母親の味方をしようとしているのが切ない。小さい頃のノートに禁止事項、セ ックスはしない。を見付けた心中は想像を絶する状態だと思うのですが、やっと環から母さんが怖いを引き出せた。
さぁこれからどうなる?という最高の状態から 続く
です。くぅー、気になるよぅ。
性欲が無いわけではないけど、認めようとしない環が可哀相で。母さんの息子だよ でこの子物凄い色気を感じた。志井は離れられないだろうな。
シリアスでも有るけど重くならずコミカルもうまく入ってるので、テンポ良く読めました。志井の逆立ちとかパンツ洗う所とか、感情の流し方に感心した。これじゃ、嫌いなんて言えない。
なにより覆われた手の隙間が最上級にエロい。

タクミがこれからどう動くかな。かなりのキーパーソンですね。
こんな骨太なストーリーなのに更にBLも組み合わせて居るなんて私得過ぎる。追って行きたいと思います。

面倒な読者で申し訳無い

東条さかな先生初読みです。
甘々イチャLOVEと事前に理解して読ませて頂きました。

評価を下げてしまい申し訳有りません。
これは個人的なタイミングが悪かったのかな…と反省してます。
直前まで読んでいたオメガバ作品が、オメガバース創成期物や、αの為にβがΩに擬態する作品や、Ωがαから身体を使って仕事を取る作品やら、立場上αとβであるが故にバース性に葛藤する話。
あとは小動物Ωが狐αに捕食されそうな作品…は、これから読みます。

まぁ読んだ作品喜怒哀楽、萌え感情全てを揺すぶられる重厚ストーリーだったもので。

甘さに安心安全と評判の東条さかな先生のオメガバと見聞きしまして、イソイソと読み進めたのですが、か、軽い~。
天使の羽みたいに軽い。
オメガバとしての葛藤、戸惑い、嫉妬。ほぼ無問題。殆ど苦労もなく高校生がイチャイチャしてるだけかな。
私は何を見せ付けられているのか。
たまにΩが女子に見える事も有りました。

他のオメガバはあんなに苦労して番になったのに、あんた達は、もぅ~。と誰目線だか分からない複雑な感情が生まれてしまいまして。
読者の私が戸惑い葛藤嫉妬を覚える作品でした。

甘くてフワフワしたケーキを求め食べた瞬間フワフワし過ぎて一瞬で溶けて消えて何も残らなかった読後感です。

甘々な作品を求めたのに、面倒で理不尽な読者ですね自分。

同じオメガバの題材なのに、こうも味付け次第で全く違うストーリーを作るBL作家方々の発想力は感動しきりです。BLは天才の集結ですね。

本気のひたすら甘LOVEイチャ×10 のストーリーをお求めの方にオススメです。

最後まで面白かったー

ストーリーが秀逸、面白過ぎて眼が眩んでしまいました。
信じる決断、信じない決断。
どちらも自分で決めるから意味がある。
原動力は人を助けたい気持ち。
適材適所。自分なりの遣り方を見付ければ良いんですよね。

人の気持ちなんて結局本質的に理解出来るわけ無いんです。特に愛されて育った人間には歪んだ愛で育てられた気持ちなんて分からない。
だから少しずつ教えれば良いんじゃないかな。


「一緒に居たい」「側に居させて」が憎しみを乗り越えたのは、一言で言うと「愛」ですよね。

冷川さんと、他の登場人物との決定的な違いは帰る家が存在したか。
冷川は半澤さんが居たからこそ三角さんの存在に気付けたのだと思います。謂わば2人が運命だっだのでは無いでしょうか。
冷川が三角が必要な様に三角にも冷川が大切。そうやって仲間の輪が確固たるものに成る。
登場人物がとても魅力的でした。

面白かったです。
流石アニメ、実写されるほどの名作だと思います。

皆様おわかりいただけただろうか?not心霊

帯が消えてますが 「もしあの時こうしていれば…切なさと後悔と…あなたなりの「幸せ」を見つけて下さい」と書いてあります。

そんな…まず、この子達は幸せでしょうか?
ラスト完全なる幸せにはみえませんが。
でも、読み返すと彼らは確実に幸せだった。

勝手にネガ ポジはネガティブ、ポジティブの略だと思い込んでましたが、表紙の白黒同様カラーポジ、モノクロネガの反転を思い出しました。

7色カラーの幸せな日々から、相反する色の事柄が加わり反転する様、少しずつ灰色に近づいていく。
少ない頁ながら滔々たる胸を打つストーリー。
圧巻です。
初っぱなから嵌められた気分です。

3人トライアングルなのに、何故か一番肝心な彼の目線が全く無い。だけど巧みな台詞まわし、人物描写で何と無く分かってしまう。
そして彼らの名前が一切出てこない。はらだ先生が少し俯瞰して見ているのでしょうか?
攻めの彼は友情を破壊し、手に入れたものは…。しんどいな、虚しいな、悲しいなぁ。

ネガとポジは真逆ですが、2つはセットで共存しています。登場した彼らには僅かでも光(陽)が有るなら手離さないで欲しい。
陰の後は陽が来る。其まで、何とかしがみついて欲しいと思います。
それが私が見つけた幸せ…

っていやいや、クズでゲスで変態を書いたら天下一品(褒めてます)はらだ先生だからなぁ。
更にギッタンギッタンにされるかもしれないな。
何か解ったような事を書いてお恥ずかしい限りですが、別作品「やじるし」で、「そんなに下衆く無くてすみません」なんて、謙遜無しで話せる鬼才はらだ先生の考える事は私の頭では想像出来ませんね。

ただ最後のバイプレーヤーだけは早く手放して と断言出来ます。
女は報われないねぇ。
女×BL題材でこのストーリー、敬服です。
そして最後辺りチラッとこちら(読者)を見てから気付きました?メタを入れながらの側に居た壁女子、
こんなにお仲間がいましたね。

さてレビュータイトルですが、おわかりいただけたでしょうか?
最後に好きなひとほど の麦ちゃん とあさとよるの しおりが居ましたね!
キャー!(恐怖)
いや、違う。
キャー!(歓喜)
そうそう、あなた達も苦労したわよね。
こうやってクロスオーバーで出してくれるのも嬉しいですね。
先生、おかわり いただけますか。

思考が読めない2人の執着BL

有馬嵐先生の初コミックですが、この頃から作画の綺麗さは安定してますね。
ドSのサイコパス気味×生意気ポジティブ坊っちゃんの組み合わせですが、前半と後半の流れが全く違います。
前半は広田の執着が二重人格のサイコの様な怖さを醸し出しており、何故か鴨が葱をしょって来る様に策も無く自ら向かう竜輝。
起承転結の起承でグッと引き込ませておいて、さてさて、どうなるかな?
と思いきや後半一気に転結で甘ーい展開に驚き、ストーカー並みの執着の終着点はハッピーエンドです。


2人とも見事に私の予想する思考と逆のパターンに行くので先が読めませんでした。
強引に致されたにも関わらず「あいつ自分は出してないな、さては俺の事好きなのかな?」に思考いかないな。竜輝君ちょっと一回自分がされたことを紙に書き出して御覧?
私も振り回されたよ。
何処までが、広田の計画だったのか。
最初のメガネ君の「男の方が気持ちいいらしいよ。」から計画が始まっていたとしたらメガネ君も同罪。


前半のエロと後半のエロの描き分けがとてもお上手でした。作画の綺麗さを入れて萌でお願い致します。