黎明卿(禍腐渦狂紳士タッキー)さんのマイページ

レビューした作品

男性黎明卿(禍腐渦狂紳士タッキー)さん

レビュー数117

ポイント数751

今年度20位

通算--位

  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

かわいすぎる2人のLOVEに轟沈

【・・・南谷くんいないと生きていけないかも(北山)】

エロス度★★★★★★

第3巻。
おやおや・・・今回は就活や南谷の隠し事によって北山がめちゃくちゃネガティヴになったりと情緒がヤバくて面白かったですね。

年上なのに不安でダメダメになっている北山の可愛さや逆に南谷の方がしっかりしているように見えてしまうのもツボで、2人のバカップルなイチャイチャにほっこりしたり、酔ったときの2人の反応も可愛くて最高でした。

特に、北山の愛の重さを感じる台詞の数々にキュンとさせられたり、南谷の放つ色気にクラクラとさせられるのがたまらなく、最中に下の名前呼びになるのもグッとキますね。

濡場での、北山からのマーキングや攻め喘ぎとかもめちゃくちゃ萌えです。

2人だけの未来のために

【俺だけに依存してる稔が愛しいし、まだ足りないくらい・・・もっと欲しいくらいかも・・・(克巳)】

エロス度★★★★★★★

第2巻。おやおや・・・なんと素晴らしい!
稔のド執着や独占欲・依存、それを受け入れてしまいさらに愛おしく想っている克巳の海のように広い心が2人してやばたにえんな空気を出しているのがたまりません。
また、周囲に人が居ようが気にせず堂々とイチャイチャしているのがGOOD。

ラブラブを堪能できるのは勿論、未来のために進みはじめた2人ですがすれ違ってしまう展開の切なさも味わえるのも最高で、克巳の嫉妬・焦り、久々の稔の暴走などがツボり、なんやかんやで稔の元カノ・青田さんとの絡みも面白かったです。

濡場では、硬派で男前な克巳のカッコいい表情や稔に求められてぐずぐずに蕩けた表情をたくさん見せてくれるのが眼福で、監禁拘束プレイも素晴らしいエロスでした。

藍士に意地悪される涼の反応が可愛すぎる

【俺だけがお前の地雷踏み抜いていーの(藍士)】

エロス度★★★★★★★

おやおや・・・涼のことが可愛くて大好きで意地悪して虐めてしまう藍士なりの愛情表現に悶えてしまいますね。

藍士に意地悪されて翻弄され〝地雷〟と怒る涼も可愛くてよかったです。
特に、藍士の束縛・独占欲の強さがツボで、堤との件で激オコだったり傷ついたり凹んだりと涼絡みで藍士の情緒も振り回されているのがニマニマしちゃいます。

不機嫌になったり意地悪ばかりですが、ちゃんと涼を可愛がり愛しているのが伝わってくる藍士の優しさや彼の想いに応えたくて恥ずかしいことに耐える涼の健気さが素晴らしい。

星空の下や海で永遠を誓い合う幸せ

【俺がずっと隣で冬吾さんのこと幸せにします(すばる)】

エロス度★★★★★

第3巻、完結。
おやおや・・・尊さと感動で脳のキャパがオーバーするほどに素晴らしい完結でしたね。

イチャイチャを繰り広げる2人がさらに愛を深め、幸せに満たされる姿に目頭と胸が熱くなりました。

特にウェディングフォトや結婚式といった場面は純白に包まれた冬吾とすばるがすごく綺麗で目を奪われ、濡場では冬吾のいじわるや絶倫なワンコっぷり・健気でいじらしくてエロ可愛いすばるの姿が最高で悶えました。

1巻から見守ってきた冬吾とすばるの恋が辿り着いた愛の軌跡・・・これからもずっとお幸せに!

ギャップと溺愛・独占欲などのエグさが刺さる

【分かってるよね。翔太の戻ってくる居場所は〝此処〟だよ(蒼)】

エロス度★★★★★★★★★★

おやおや・・・爽やかアイドルの蒼が翔太に対してDomのスイッチが入ったときのドSなギャップ萌えが今回も素晴らしくて悶えまくりでした。

蒼くんLOVEな翔太も健気な可愛さ大爆発で、蒼に調教開発されてどんどんエロスが開花していく描写がやばたにえんです。
また、翔太に興味を持ったDomの先輩・中田がちょっかいを出してきますが・・・正直、なんて命知らずな人なんだろうと思いましたね〜(遠い目)。

溺愛も支配もすべて甘く溶かしていく完全無敵な蒼と翔太の羨ましいくらいラブラブな姿が最高です!

唯人の幼馴染みが素晴らしい起爆剤になりそうですね

【・・・頑張ります。真山さんのために(唯人)】

エロス度☆

おやおや・・・とある事情で【活動休止】をしていたアイドル・ユイトの【復活ライブ】の場面がとてもよかったですね。
ステージの上でキラキラと輝くユイトの姿に目を奪われてしまいました。

そして、唯人を騙して傷つけてしまったことを引きずりまくる真山のキノコが生えてきそうなくらいのウジウジのジメジメっぷりも面白く、〝ライブに行く資格がない〟と苦悩する姿もツボでした。

特に真山と唯人のピュアっと感じる距離感が尊く、真山に片想いする唯人が健気で可愛かったり、唯人の幼馴染みの登場が真山への刺激となるのがよかった。

華やかな舞台から降りた似た者同士の純愛

【今この瞬間のこの幸福感だけで、百年だって生きていける(リオン)】

エロス度★★★

おやおや・・・スキャンダルで芸能界を干されて野良猫になったアイドルが偏屈な大我に保護される展開がいいですね。

無愛想だけどリオンに対して見せる大我の殺傷力の高い数々のギャップにキュンとさせられたり、大我に保護されたリオンが彼に恋をしてしまったり、有菜さんや麗子さんといった優しい人たちと過ごす時間に心の傷が癒されて前向きになっていくのが尊かった。

野良猫みたいに大我に噛みつくリオンの可愛さや恋心をバレないように隠す切なさもたまらなく、愛されたかった猫が愛する幸せを知る物語に胸が熱くなりました。

発情期の再来・・・織人と西央のエデンで理性蒸発

【入れて・・・ぜんぶ、奥まで(西央)】

エロス度★★★★★★★★

おやおや・・・発情期の再来、織人の家族を巻き込んだ騒動の勃発。

織人を誘惑する西央がひたすら色気MAXで、織人の理性がめちゃくちゃ試されているのが面白く、なかなかひとつになれない焦ったさがツボでした。

織人の部屋で2人だけの世界に浸る描写も神々の造った楽園のようであり、誰も入れない官能・耽美な境界線を引かれ、織人と西央がようやくひとつに繋がり刻を忘れ、甘美な果実を喰らい合う様が芸術的でした。

人間の発情期という理解が追いつかない現実を前にした織人の両親の選択も印象的。

溺愛の時間です。 コミック

 

男前でエリートな兎・・・しかし、恋人の前では・・・?

【あまり喧嘩腰に煽るな。押し倒したくなるだろ(太伽羅)】 

エロス度★★★★★★★★

おやおや・・・ヒョウ獣人の御曹司とハイスペな兎獣人が紡ぐ溺愛オフィスラブが垂涎ですね。

職場では付き合っていることを秘密にして犬猿の仲な空気を醸し出していますが、周囲にバレバレで逆に気を遣わせているのが面白いです。

年下上司・太伽羅からの過保護・溺愛や男前でカッコいい麻斗が恋人の前では可愛くなったり快楽で蕩けた姿を曝け出すギャップが素晴らしい。

2人ともお互いに向ける愛の重さもたまらなく、誰にも邪魔されない愛の巣でヒョウと兎がひたすらイチャイチャしまくる場面には悶えました。

大好きな幼なじみを絶対逃さない攻め・疎ましい幼なじみから逃げ出したい受けの狂想曲

【俺以上の存在なんて作らせない(タカヤ)】

エロス度☆

おやおや・・・逃げても追いかけてくるハイスペ幼馴染みのド執着がコワイコワイ。

人気者のタカヤに劣等感を抱きいつも自分を優先してくる彼を疎ましく思っているトモキ・・・カーストでの住む位置が違う2人の関係性からすでにツボだったのですが、思った以上にトモキへの恋心を拗らせまくり彼がいなければ生きていけないくらいのタカヤの愛の重さが素晴らしかった。

常にトモキにベッタリなタカヤやタカヤのド執着・どうしようもないくらい自分を欲しがる彼に絆されていくトモキもよかった。

トモキの無自覚な惚気も可愛いです。