masimaroさんのマイページ

レビューした作品

女性masimaroさん

レビュー数15

ポイント数73

今年度96位

通算--位

  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

低音好きには楽しめるかと。

原作未読です。
緑川さんの高音の受けが実は苦手なのですが、
こちらの作品は低音で大人男の男性て感じで、
聞きやすかったです。
極道ものといいつつもあまりゴリゴリではなく、
口調がやや、舌巻き気味な感じ程度かな。
続きがないので、これから話が膨らみそうな、ところで終わっちゃってますが、昔の作品なので、仕方ないかな。
今みたいにちるちるなど、話題作等レビューサイトが充実していれば、こんなに、序章だけで音声化止まってしまう作品も少なかったろうに、残念な気はします。

キャラがいい味

原作未読です。
前回同様、言葉の一つ一つが丁寧に演じられており、素晴らしい。
そして、今回は脇キャラの恋の動向が気になる。
とても内容的にも引き込まれました。
演技一つ一つが、絵が浮かびそうな感じがして、もうキャラが出来上がってる気がしたので、違和感なくついつい最後まで聴いてしまって、夜更かし決定なCDでした。キャラがかなり、完成してるので、聞いていると感情移入したり、映像が浮かぶような気がするのはさすがのベテラン声優さん達。
文句なくオススメできる楽しい作品。

なんか、キャストトーク聞いたら内容強烈過ぎて、キャストトークしか頭に残ってない(笑)

まとまってて百点満点

原作未読です。
発売前のお試しの状態からかなり気になっていたのですが、買いそびれて、2が出てからようやく聞きました。おっそー!ですが、CMで聞いて当時、言い方可愛くて悶絶した「ひくわー!!」とかようやく聞けて、大満足。噂通りのコミカルで、のりもよく、テンポよく楽しい作品が聴けて大満足でした。
神キャストと言われるだけの作品ですね。
個人的に、今作を聞いて初めて、増田俊樹さんが、櫻井孝宏さんに似てるなーと思ってしまって、ネットで調べたら、ちらほらそういう意見が以前からあるのですね。
知らなかった。

タイトルの通りの透明感

原作未読です。
アワード作品なので気になり、遅ればせながら聞いてみました。
最近は手持ちの古い作品ばかり聴いていたので、新しい雰囲気がとても新鮮。
癒やしのCDと皆が口々にいうのが、わかる、ちょうどなトーンのちょうどいい方言。
あー、聞くだけで心地が良い声のトーンてこういうのだなーと思う。なんかたぶん、声のトーンからいろんな波長が出てるんじゃないかて思うほど、やり取りが心地良い。
鈴木崚汰さん、受けでベタ褒めしましたが、両方いける口の人だったんですね。
二刀流声優さん貴重な存在で、どんどん活躍してほしいです。
方言てあんまり好きじゃないだけど、この作品はそんな先入観をガラリと覆した作品かな。
いやぁ流石に1位とるはねー。こりゃ(笑)

続きがないのが残念!

原作未読です。
なんの前情報も、なく聴いたので、冒頭からオカルトホラーな展開でビックリ。
設定が芸能てなってるけど、触手やらなんやらかなりエロエロです。
めちゃくちゃ豪華なキャストも聴きどころの一つですが注目すべきは諏訪部さん。。
なんと初絡み作品とのことで。いきなりこんなエロエロなやつお気の毒。
全体的に演技が今よりあっさりしており、今が濃縮タイプだとすれば、3倍希釈タイプの諏訪部さんという感じ。
まだまだ、若手だったんだなー。
いろいろ設定あるのにエロエロをフューチャーした結果、中途半端な仕上がりに。
今なら枚数増やすなりの対処ができたはずだけど、時代を感じる作品。

相変わらず、異質な作品

原作未読です。たぶん。
久しぶりに1を聞いた流れで続けて2も聞いてみました。
相変わらず1と同様、攻めと受けが、絡まないったらない(笑)
でもちゃっかりお仕置きはというかお仕置きが好きなののな。作者。
言いつけを守らない受けを、攻めがお仕置きするパターンは1と同様。
女装てよっぽどじゃなきゃバレると思うんだけど。
それはさておき、このメインカップルの馴れ初め的なものはどこかで語られてるんだろうか。
原作読んだことないからわからないんだけど、どーしてこの所謂近親相姦年の差同性カップル誕生したのかわからないままに相変わらずサスペンス要素を、ゴリゴリにおしてくるので、ちょっとなんだか、ついていけてない。

非常に珍しい作品

原作たぶん既読です。記憶にないけど。
久しぶりに聞いてみました。
タイトルにも書きましたが、とにかく珍しい作品。
メインカップルが凄まじく絡まないんです。
すでにカップリング成立している定でストーリーがあり、攻めと受けの本編での絡み(肉体的じゃない絡みも含めて)が少ない。
家の中で絡んで受けの外の世界では、全く別物のミステリー要素の作品が繰り広げられてる作品。
しかも今ではびっくりするくらいのベテラン声優さんがちょい役であっさり消えてしまうショッキングな作品です。

倍速で聞いてる感じ?

原作未読です。
過去の古い作品を、なんだかたまにリピしたくなって、聞いては、レビューしてます。
そして、度々思うのは、昔の良さもありつつも、昔ながらの悪さもある。
昔ながらの悪さで大抵感じるのは、作品の長さです。
小説原作ものはとにかく早足に聞こえ、モノローグの説明で淡々と話がすすんでいきます。
そこに行き着く過程がすっとんでいるので、超倍速仕様。聞き手側の気持ちは置いてけぼり。
そして、この手の設定、今でも某作品にあるけど、私は無理があるとかはもう思わなくてファンタジーとして受け入れるのですが、やっぱり気になるのは尺かな。今では珍しい井上和彦さんの美声で攻めが、聞けると思えばありかなー。

掛け算がややこしい(笑)

原作未読です。
ネタバレにならない程度に、あらすじ程度にざっくりいうとよくある入れ替わりものです。
階段から落ちたら兄弟が入れ替わっちゃう。
そして、見た目も性格も正反対の二人だからてんやわんやみたいな。ドタバタラブコメディの王道ストーリー。
ですが皆さんが頭が???てなるのは、モノローグはそのまま。というので、まるででがばめしてるみたいな不思議な作品。
でも声優さんの、声のトーンがキャラが変わることで、口調や高さまで変わるので二度美味しい感じがして私は好きでした。
普通にキャストファン、作品ファン、ドタバタラブコメディ好きには楽しめるかと。

ほのぼのという感想意外出てこない

原作未読です。
ずいぶんと昔の作品ながら、櫻井さんの大ファンだった頃に出演作を買い漁っていた頃のものなので、当時を思い出しながら聞いてみました。
昔はこういった便利なレビューサイトもなく、キャスト買いの場合は本当に当たり外れの激しいものでした。
個人的には当時も今も変わらず好みではないかなー。
何と言っても福山さんの演じる桜が、少しショタ感濃過ぎて、好きな人は好きなんだろうけど、ほのぼのキュンキュンとはならなかったかなー。
当時はお金はあるけど時間はないという毎日仕事に明け暮れている時期だったので、買って満足したのか、きちんと聞いたのかわからないけど。
にしてもとんでもない設定。