ろくぞうさんのマイページ

レビューした作品

女性ろくぞうさん

レビュー数0

ポイント数10

今年度477位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

ムッツリ攻めと純朴受け

平河寮シリーズを一気読みしてから、作品制覇を目標に読み進めるのが楽しみな作家さん。SATシリーズ一作目の「饒舌に夜を語れ」から続けて読んだ今作。前作にちょこっと出ていた飯田と、犬伏に思いを寄せていた若い高梁がメインです。
キャンプで二人きりになるシチュエーションが来た時、おっ、これはちょっと進展するな!と思って読んだらまさかの!飯田が頭の中で高梁にあんなことやこんなことをしちゃってるのを抑えきれずに手を出してしまうのには驚きました。この展開は嫌な方もいらっしゃるのでは。しかし性格の良い高梁が、不遇な過去ゆえに飯田に絆されるのがまた健気さに拍車を掛けてます。このムッツリの無神経な言葉に翻弄される高梁が可哀想で…誤解が解けて良かった。
平河寮の峯神と名田がすごく好きだったんですが、この二人もお気に入りになりました。アキラ、一生大切にしてもらってね!

可愛らしいDK

2018年の作品なんですね。少し前だけあって、ゲイであることをひたすら秘密にする感じがこの作品に切なさをプラスしていると思いました。主人公の男子高校生は明るいキャラクターですけど。先生を好きになってしまい、ずっと見つめる内に、先生もある男子を見つめているのを知ってしまう。そこでもう片想いになってるのがまた切なかったです。
が、実は生徒を見つめる先生の視線は、別に恋からきているわけではなかった、と…ここは笑ってしまいました。あと、お化け怖かった…
その後二人はくっつくハピエンなのですが、自分には先生が主人公を意識しているのがいまいち分からなかったので安直に感じられた結末でした。

後味は苦い

村上キャンプ先生の作品は「わたしがおじさんになっても」を読んだことがあるだけなので、勝手にサブカル風味なほんわか作風だとばかり思っていました。なので、この作品を読んでびっくり。好きだのキライだの、そういったハッキリした恋愛感情からはかなり外れたお話。両想いになる二人だって、最初は結構ズレてます。シノミヤのオチは衝撃的でした。シノミヤはユウちゃんへの恋心を自覚したくないのかと思い込んでたので…そっちかい!と…

胸が震える愛

シャーロック・ホームズとワトソンみたいなバディものかな?とあまり期待せずに手に取った本書。最初は除霊?がらみで、なし崩し的に関係を持つ二人に「え〜…」と若干引いて読んでいたのですが、話数を重ねるごとに深まっていく二人の愛情にどんどん引き込まれ…そして最後まで読むと…感無量です。お互いを大切に想い合う二人の幸せを願わずにはいられません。
さすがモノクローム・ロマンス!ハズレなしですね。同じ作者さんの「イングランドを想え」もなかなかでしたが、こちらはドラマ化しても受けるのではと思うほど面白かったです!

究極の愛

初読みの作家様です。

はっきり言って文章はそこまで上手いとは思いません。物語の進め方も始めの方はなんだか冗長で、「あー失敗したかも…」と思ってしまったくらいです。各章の一人称もみんな「俺」で、誰が語っているのかが読み進めないとわからない。一人称語りで、見たこともないような難しい漢字の形容詞?がいきなり入ってきたり。
現代ものなんだー、と思っていたら、怪しげな事を言い出す攻めの弟が登場。再び「失敗か…」と思いつつ読み進めると…。

ここまで純粋に、愛し、愛される二人を描いた作品はないのではないか?とまで思えるほど入れ込んで最後まで一気に読了。

ファンタジーといえばそうなんですが、もっと普遍的な、「愛」を伝えてくれる物語でした。

爽やかワンコ攻め

子供時代に怪我した時に助けてくれた受けのサーファーお兄さんをずっと好きでいたワンコな攻めが「陽」だとすると、過去にちょっとした騒ぎになった過ちをずーーーーっと引きずり続ける受けは「陰」。対照的な二人がくっついて最後には受けも幸せになれる、海辺を舞台にした爽やかなお話だったんですが、いかんせん受けが暗く後ろ向きであまり共感することなく終わってしまいました。お金が貯まったから遠くへ行くって…今更かい?こんなに長い間気を使われながら仲間の近くにいるのはなんだかなぁ…ちょっと頑な過ぎて独りよがりな印象。

「ラブクオリア」が大好きなので、ちょっと新作への期待が大き過ぎたかもしれません。お話としては纏まっており、書き下ろしの後日談もエロ爽やかでした。

Season コミック

麻生ミツ晃 

ストーリーテラー

Kindle Unlimitedで拝読。お名前はよく見かける方ですが初読み作家さま。

絵柄が自分の好みではなく、少し古めな繊細な線で、身体がかなり抽象的に描かれているので、ちょっと読み辛かったです。表情もイマイチ読み取りにくい気がして残念でした。

しかし、お話はとても面白く、しっかりとドラマを感じさせてくれるものでした。センスあるモノローグや台詞にハッとさせられました。

こんなにも長く深く、お互いを想いあって求め合う関係は運命なのでしょう。素敵な作品でした。

いいお話だった…

Kindle Unlimitedで拝読。
正直なところ、最初絵柄で「読むのやめとこうかな」と思ってしまったのですが、読み進めるとどんどん引き込まれて一気読み。トモの健気さにうるっときてしまいました。

主役の二人を始め、柊平の大家族やチョイ役のお医者さんまで、どのキャラクターも血が通っていてイキイキしてます。自分は特にトモの兄ちゃんが好きでした。読んでいて感じた、柊平の家族の「いい人達感」へのうっすらした嫌悪を、こういうキャラが拾ってくれるところ、上手いですね。

絵柄で読まないのは勿体無い(好きな方すみません)作品でした!

メープルシロップがけの味を想像してしまった

スパダリ攻めに平凡な受けが見染められて…という王道ストーリーでした。脇キャラの現場の職人さんたちなどキャラが立ってて面白かったですが、主役の二人がなんか既視感があるキャラクターで、誰かの作品で見たようなカップル…と思ってしまいました。王道って難しいんだなぁ…
受けがちょっとした攻めの言葉で誤解したりするのもあるあるで、もう少し意外性があると面白かったかと思いました。受けのガタイの良さは大変に好みでした!

オリジナリティハンパない

別の単話売りの作品がとても評価が高かったので、気になっていた作家さまです。

絵が上手い!表情も良かったです。個人的に天木さんの顔面、特に目が凄く好みでした。

ストーリーや世界観、キャラクターなど、とてもユニークで面白かったです。オリジナリティと発想力がすごいですね!電子薬とか、現実に何処かで秘密裏に研究されてそうだし。この研究特区、研究者には夢のような環境だな。
恋に無自覚だった天木さんを、ハルくんがどんどん進化させていくのがキュンキュンしました。エロがストーリー的に無理なく入ってるのも良かったです。

なんか語弊がありますが、BL以上の面白さがある作品でした。