シマシマさんのマイページ

レビューした作品

女性シマシマさん

レビュー数0

ポイント数1

今年度3739位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

α執事×β執事の不器用な恋

興津さんの宮内は格好良くて色っぽい捻くれ美人で、想像以上に宮内でした。
少年時代も興津さんが演じて下さっているのが嬉しいです。
声も演技も完璧で感激しました!
前野さんも仕事は出来るのにチンピラ顔で宮内に対してはヘタレになってしまう格好良くて優しい久遠を、表情豊かに演じられていました。
特に宮内に優しく囁く声が素敵で、久遠がより魅力的になったと思います。
一条さんの太郎は相変わらず存在感がありますね。
孫フィーバーで生き生きしていました(笑)

内容はほぼ原作通りで、音声化に伴って台詞が足されました。
ですがどうしても音だけでは分かり辛くカットされた描写もあるので、未読でしたら先に原作上下巻を読まれた方がいいと思います。
久遠の回想で女性の喘ぎ声ありの乱交がありますので、苦手な方は注意して下さい。

キスや絡みは宮内の切なげな吐息や漏れる声が色っぽかったですし、久遠の優しい囁きが堪りませんでした!
『とある使用人の独白』で足された久遠の「悪かった…」「言い過ぎた…」は是非聞いて欲しいです。
モブ×少年宮内は原作では事後でしたが、CDでは宮内が口でするのでかわいそうなんですが萌えてしまいました……!

原作は続きが発売しましたし、もう気が早いですが続編のCD化を待っています。

特典が濃厚

公式には性に奔放なクズ上司受けと表記されていますが、ちょっと違います。
受けの梶山さんはお調子者で風俗好きですが、面倒見が良くてクズではないです。
基本的に明るい三枚目っぽいキャラなんですが、絡みの時はエロ可愛くて興津さん流石だなって思いました(笑)
白井さん演じる坂巻は片思いを拗らせているクールな部下です。
ローテンションで気だるげで少し打たれ弱い、面倒だけど可愛げのあるキャラでした。

梶山さん、坂巻にいきなりキスされたり会社で縛られてフェラされて放置されたりしても態度変えないし、上司に怒られた坂巻を慰めてあげるし懐が深すぎじゃないですか(笑)
結局、坂巻の一途な想いにやられて両想いになっちゃう感じですね。

絡みは途中までが二回、最後までが一回でした。
収録時間が短めなので、アニメイトかステラワースの特典付きをどうぞ。
特典はどちらも16分以上あります。
絡みもがっつりで、むしろ本編よりも濃いような気がします。

アニメイト特典は、過去を思い出して弱気になってる梶山さんをムラムラした坂巻が襲います。
じゅるじゅるフェラした梶山さんが口の中の精液を手に吐き出すんですが、こんな演技初めて聴きました。
興津さん凄いです……泣きながら喘ぐし潮吹くし中出しされるしでなんか変な感動がありました(笑)
甘やかしエッチなので白井さんの声が甘いです!

ステラワース特典は、合コンに行って浮気を疑われた梶山さんがお風呂でおしおきされます。
乳首攻められるのも、ドライでイかされちゃうのも、後ろから突かれてやだやだ喘ぐのも可愛かったです。
おしおきからのいちゃいちゃのギャップが素敵でした。

どうってことないストーリーですがキャラや設定、キャストが好みならお勧めします。

格好良くて可愛くて色っぽい秋山くん

とても丁寧に作られていますね。
原作の絵だけのコマにも台詞やモノローグを足して、なるべく音だけでもわかるように配慮されています。

キャストですが、興津さんは気だるげで色っぽい秋山くんにぴったりでした。
特に中盤以降の可愛さの増した秋山くんの再現度が素晴らしいです!
柴くんは尻尾を振りながら秋山くんにがっついてる様子が浮かんできました(笑)
松岡さんこういう演技も上手いんですね。凄いですはまり役ですよ!
増田さんの智美ちゃんは普段と絡みの時とのギャップが素敵でした。
ヤンキーがエッチでメロメロにされちゃう感じが出ていたと思います。
脇役も皆さん良かったです。智美ちゃんの彼氏さん役のお二人がいい仕事していますね。

収録内容はコミックス二冊分がほぼ丸ごと入っているのが嬉しいです。
不満をあえて言うなら、BGMと手錠のSEの音量が大きめなことですね。
個人的にはもう少し控えめの方が好みでした。

公式特典のトークCDは30分もあって驚きました。
興津さんはわんこ攻め発言から増田さんに昨年のBL出演数トップをネタにされてましたが、声優さん達もそういうの気にしたりするのでしょうか(笑)
白井さんは別録りですが、ちゃんと三人の会話に入って来ていて皆さん楽しそうでした。

旧作と聴き比べるのが楽しかったです。
続編のCD化も気長に待ちたいと思います。

ラボラトリーは文句無しで神

試聴の段階で興津さんの奥名と安元さんの岩倉はイメージ通りだったのですが、本編は予想以上に良かったです。
無口で何を考えてるかわからないマッチョな年下攻め×大雑把で少し抜けてる美人受けを二人が好演してます。
川島さん演ずる神子主幹も期待通りの変人でした。

前作は台詞の多い原作を一枚で収める為に、聴きたかった台詞が省略されてしまいがっかりでした。
ですが本作は二枚組という事もあり、細かい台詞もほぼ入ってます。

授乳シーンや絡みは原作の独特の勢いと激しさを表現しつつ、コミカルな印象だった原作よりも良い意味でいやらしくなってる気がしました。
二人の熱演の賜物でしょうね。奥名の泣きながらの告白もすっごく可愛かったです!
岩倉が奥名にもう一度と迫る場面、原作では小さな字で「アッ」と書かれてるだけなんですが、CDでは興津さんが「ああん!」とか「あはん!」とか可愛い声で喘いでて思わずGJ!ってなりました(笑)
声優さんが素敵な分、BGMはもう少し控えめな方が良かったですね。

巻末コメントはキャストのツッコミが面白かったです。
笑いあり萌えありエロありの素晴らしいCDでした。