さくらもちくまこさんのマイページ

レビューした作品

女性さくらもちくまこさん

レビュー数0

ポイント数1

今年度3136位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

王道ストーリー×イケボ+アラブ、最高◎

原作未読で聴きました。

熊谷さん演じる黒鷲が本当に素敵でした。
長としての民を想う男らしい声、快楽に身を焦がしながらも精神は譲らない気位の高い受け声、少年時代の繊細なお声、時にオラついた受声、とけまくる受声、恋人関係になってからのぶっきらぼうでいて幸せな声等、本当にどのシーンも良かったです。
BOYSピアス掲載のドラマCD収録レポ漫画に、黒鷲は佐藤さん演じるアルキル以外には攻めと解説が描かれていましたが、そのとおりのお芝居でした。
熊谷さんのお声で、褐色のいい男のあらゆる魅力を味わえて本当に耳が幸せ。


調教師や奴隷商人という設定とアラビアンなBGMがスパイシーで良いですが、実のところはシンプルな王道ストーリーに感じました。
自分では選べない生まれや育ちを受けいれ、懸命にあるいは諦めたように生きる男たちが、お互いを愛することを選ぶという話です。

快楽で肉体的に調教されても心を明け渡さない黒鷲は、彼の民の命や彼の尊厳を救ってくれたアルキルに感謝の品を捧げます。アルキルに本当の名前を教えます。(黒鷲にとって真の名前は命と同等であるゆえに幸せにも不幸にもなるという点が、この物語の肝です)
名前を告げる一連のシーンがとっても良いです。名前を告げる、名前を呼ぶってとても音声化に馴染む話だなぁとしみじみ思います。佐藤さん・熊谷さんのいいお声で聴けて最高です。
民を想う集落の長、愛を見つけ選んだ男、オラつく受、とろとろの受……と、数分の間に熊谷さんのお芝居で説得力ある黒鷲の魅力を味わえます。
展開は早めですが、キャストの皆さまのお芝居が素晴らしいので十分理解できます。
音楽に関する語彙がないのですがアラブ王朝スペクタルって感じのBGMが的確に王道ストーリーを彩っていて好感度大。脳内スクリーンに砂漠の金色と空の青が広がって、二人のボーイズラブを盛り上げてくれます。

公式通販特典のミニドラマCDも、佐藤さんの美声と甘いお芝居にぴったりの話で良かったです。
黒鷲が、アルキルの声で名前を呼ばれると溶けてしまう趣旨の事を言うんです。キャストありきでシナリオを書いてるのかと思うほど、BLCDの幸福が満ち溢れてました。

黒鷲とその民との友情や主従の信頼関係もきちんと描かれていて、よかったです。
榎木さんは爆発的にかわいいし、山下さんの寡黙な側近としての距離感が適切な芝居とイケボに舌を巻きました。
サハラの黒鷲2では、アルキルの過去も描かれているようです。そちらも音声化していただきたいなと思いました。

丁度良い甘さが、丁寧に紡がれてて最高

発売日に買って2ヶ月過ぎましたが、本当に幾度も聴いてます。

同シリーズのPhrase1、Phrase3全て聴いておりどれも良いですが、私はPhrase2が一番好きです。
1は執着や依存、3はセクシャルマイノリティーや小さな街での息苦しさ、などの要素がお話のスパイスになっていると思います。
一方でPhrase2はこれといったクセがなく、Phrase1、3と比すると、幾らかそっけない話です。
恋に臆病になった年上の男が、小さな街で高校生に心を溶かされていくというだけの話、本当にそれだけ。
しかしながら、シンプルな恋のお話がとても丁寧に紡がれていると思います。とても心癒されます。

購入の動機は村瀬歩さんの青年声での受けを楽しみにでしたが、初めて聴いた熊谷健太郎さんのお芝居に私は本当に感動しました。
こんなにお上手で端正なお声の方がいらっしゃったなんて、教えておいてほしいです!腐女子よ!

村瀬歩さん演じる雪斗さんはパティシエで、シリーズ通して洋菓子店で働く様子が描かれいます。すっごく美人な声なのにリアルに生きてる感じが出てて良いです。ふとした相槌の声音にさえ、ボーイズラブならではの感情の揺らぎが息をしています。年上の色気、年下攻めくんを可愛いと思う愛情、恋に怯え恋を求める弱さ、ああ信頼の村瀬歩。

熊谷健太郎さん演じる奏介くんは、草食攻めとされてますが、かなりグイグイ攻めています。グイグイといっても、決してオラついているわけではなく、年下の言葉少なめな男の子のまっすぐな恋心が丁度よく甘く描かれていて本当に素晴らしいです。もう、sweet enoughがプロフェッショナルだよ、熊谷健太郎という音です。筆舌に尽し難く素晴らしいので、ぜひBLCD熊谷健太郎未聴な方は聴いてほしいです。

さらに詳しく述べさせて頂いて良いでしょうか……
奏介くんは、ずばり、他人と自分の境界線がきちんとあり、コミュニケーションの取り方がとても真っ当で優しい男の子です。
同意をとったり、わからないから教えて?と素直に質問したり。エッチなシーンでは、ここは雪斗さんの気持ち良いところ?違う?と切ない声で聞いてくれたり。

私がこのドラマCD素敵だと思うところはそういうところ。
奏介くんの雪斗さんとの人間としてのやりとりが、熊谷さんの甘い声と、村瀬さんのずるさと臆病さを美人なルックスの薄皮一枚下側に湛えたような声で、丁寧に丁寧に紡がれているところです。

ストーリーの後半、雪斗さんが過去の男と共に街を去ると勘違いした奏介くんは雪斗さんを追いかけて空港に全速力でかけつけるんです。高校生だから、電車と疾走です。若き肉体の脚力ですよ。
そんな一生懸命な奏介くんの様子に、雪斗さんは絆されて笑みをこぼします。そのセリフと声は本当に幸せな音色です。ぜひドラマCDで聴いてみてほしい。

ストーリー前半で一度振られても諦めない奏介くんが再度好きだから付き合ってほしいと告白するんです。本当にまっすぐな言葉と音声が胸を打ちます。
一方雪斗さんは奏介くんのことが好きだけど過去の恋の傷付き合うことに対しては臆病な様子です。
少しずるいオトナの雪斗さんは、奏介のこと好きになってもいいかな、と訊くんです。
奏介くんは何て答えると思います?
良いか悪いかは雪斗さんが自分で決めることだから、と答えるんです。
なんというまっとうな人間関係!
好きな人に、臆病ながらも好意を返されて、
自分で決めることだよ、と言うんですよ。
グイグイ攻める奏介くんですが、雪斗さんっていう人間と自分は別の人間であることがきちんとわかっている様子が好ましすぎます。
好きになってよって甘え倒してもいいし、俺のこともう好きなんじゃんとオラついてもいいでしょ、年下攻めなら。
でも、雪斗さんが自分で決めることだからと言うんですよ。
大事なことだから3回書かせて頂きました。
奏介くんのそういうところが、草食攻めという言葉で装飾できるのかもしれないです。

アニメイト限定盤の特典ドラマがバレンタイン当日の話なので聴かない選択肢はないのですが、公式通販特典のショートストーリーも非常に良いです。
ホワイトデーの、翌々日の話です。
三人称文体ながらの、雪斗さん視点で、奏介くんの甘い年下攻めっぷりが描かれていて、とても丁度よく甘いです。

楽曲も言わずもがな素晴らしいです。
恋する二人の男の幸せが耳で楽しく弾けます。毎日聴いてます。
サクッとBLのエッセンスが糖度高めに摂取できて素晴らしい楽曲。世界に音楽とイケボがあることに、感謝したい。
熊谷さんの歌声がすごく攻めです。
Next Trend Heartの、「イタダキマスごめん止まらない」ってフレーズが試聴で聴けるので、そこだけでも聴いてほしい。
いや、ドラマCDも聴いてほしい。
もう一声、フリートークも聴いてほしい。
熊谷さんと村瀬さんの芝居や楽曲に対する姿勢が淡々とお話されている内容なんですが、フリートークさえもドラマCDの世界観にぴったり合ってどこか静かな街のカフェみたいに落ち着く感じです。作品に丁寧に向き合ってらっしゃるお二人の楽しいお話に、聴き入ってしまいます。
そんなフリートーク内で、熊谷さんは楽曲の難しさを吐露しているにもかかわらず、歌声が素敵すぎて……磨いた技術と天賦の声帯、聴かせてくれてありがとう熊谷健太郎さんという気持ちです。公式サイトのキャストインタビューも読んでほしい。

シリーズ3作とも、ドラマCDはもちろん、ショートストーリーを読んでから改めて楽曲聞くと本当によくできています。歌詞がすごく関係性を表しててすごいし、メロディーも歌声もまさにボーイズラブ。CDにはインストも入っていて、それさえもボーイズラブの空気に満ちています。

ありがとうございます。君と僕と世界のほとりを作ってくれた皆さん。
大好きです。