彌生さんのマイページ

レビューした作品

女性彌生さん

レビュー数2

ポイント数37

今年度289位

通算--位

  • 神2
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

本気のBL大河小説

考えるな感じろ!
世界的に人気の中華BL大河小説です。
自分もアニメの吹き替え版放送から見始めてその後ドラマ版陳情令を見て、満を持しての日本語版原作を待ち望んでいました。日本語版を待てなかった先人達は、翻訳アプリで大陸版を翻訳して読んでいらっしゃった様で、日本語版を読めるのはとても有難い事だと思いました。

前置き長くなりました。
物語は、13年前に極悪邪術師として悪名を着せられ死んだ主人公魏無羨(受)が、魂の召喚術的なもので別人の体で生き返るところから始まります。
そしてとある事件に巻き込まれ、突然生き返らされて、わけがわからないままに、昔なんやかんやあった藍忘機(攻)と再会します。
この攻の藍忘機(攻)は、死んだ魏無羨に死ぬほど執着してて、13年間探し続けてました。
再会したけど見た目は別人の魏無羨を最初は本人だと気づかないのですが、とあることがきっかけで魏無羨本人だと見破り(見破られた事に魏嬰は気付きません)、絶対に逃がさんとばかり自分の住処に連れて帰ります。
そこから、過去魏無羨と藍忘機の出会いから、何故魏無羨が死ぬことになったのか、何故魏無羨は生き返らされたのかという謎を解決してゆく長い長いお話が始まります。

初めは取っ付き難い印象ですが、翻訳とは思えない程文章は読みやすく、サクサク読めます。
人間関係が複雑で、登場人物が多いのと、名前が何個もあったり(字名、本名、号)大変かとも思いますがそんなのどうでも良いくらい内容が面白いです。
アニメ、ドラマは現代軸→過去→現代軸(謎解明)という時間軸通りの流れですが、こちら原作は現代軸と過去が入り乱れ、少し混乱するかもしれません。
キャラの名前も似てる漢字が多いので(金子軒、金子勲とか温寧、温情、温晁とか)ネットを検索すると人物相関図などが出てきますのでそれを見ながら読むと良いかと思います。
前半BL小説というより、大河小説みが強いですが藍忘機が魏無羨の事をめちゃくちゃ好きなのは端々に描写してあり(魏無羨はそれに気付いていない)ニヤニヤ出来るシーン等もあります。
スパダリ執着激重愛攻めがお好きでしたらハマると思います。
受の魏無羨も、クソ重い宿命を持ち何もかもを無くして1度死にますのでそういう不憫な受けがお好きでしたらオススメです。
挿絵が無いのが気になりましたら、アニメのHPにキャラの紹介絵等ありますのでそちらを見ると良いかと思います。

忘羨(CP名)の世界へみんなおいでよ!
最後はちゃんとハピエンですよ。


陳情令 Blu-ray BOX3 非BL DVD

BOX3が真髄発揮

原作BL小説を、32億という狂った総製作費で本気で実写化しためちゃくちゃお金の掛かった芸術品ドラマ。
主演の2人も2次元完全再現。スタイル、顔面(お顔が天才)異次元の黄金律でどんなシーンで一時停止しても美しい画面……
ブロマンスと謳っているけど後半のこの3巻はでは2人は出来上がっています。(それを仄めかす表現随所にあります)
主演の2人も原作小説履修して撮影に望んでいてBOX3からの2人はしっかり心も身体も結びついてる空気がありありで、見てるこっちが「あぁ…!そんなに距離感近くて!周りにバレるバレるから…」とハラハラする位です笑
BOX3は長い過去編が終わり魏無羨が現代時間軸に蘇って藍忘機の住処に連れて帰られた所から始まります。

この後はずっと現代時間軸で、何故魏無羨が蘇ったのか、過去の事件の黒幕は誰なのかという謎がどんどん解明されていきます。
そうだったの!というアハ体験とエモエモのエモな展開のオンパレードに脳内麻薬生成されまくります。
途中挟まれる義城編というエピソードが、地獄を煮詰めた展開で(主人公CP以外の話)ヤンデレ属性好きな人には刺さる内容だと思います。
敵同士なのに、片方が敵だと気づかず(目が見えない)敵(分かってて傍に居る)と3年同棲する話です。

謎解きバディ物みたいな感じですが、とにかく魏無羨と藍忘機が常に2人の世界で、物語の内容はヘビーなのにひたすら甘い空気……
受「(俺の事)本当は好きだろ?」攻「うん」といったやり取りが繰り広げられたり……しんど!!尊!!!となり、何度も頭を抱えます。
正直全腐女子人類は陳情令を見るべきです。
50話完走した後の世界は素晴らしいです。
あと、中の人達がリアルにラブラブでそこもやばい。

話が逸れました。

最終回のタイトルが「忘羨」(CP名)で、主題歌のタイトルも「忘羨」という強火CP推しのドラマです。
50話秒で溶けます。
ブロマンスぶっ飛びます。

肝っ玉母さんケイト

あらすじなどは他のレビュアー様が丁寧に説明してくださってるので省きます。
樋口先生の攻様はいつも傲慢で自分勝手で自己中なキャラが多いですが、今回スタンはまぁすごい。途中読みながら心の中で何度ぶん殴った事でしょうか。
ケイトも健気に全てを受け入れる……かと思いきや、途中でわりと開き直って読者の代わりにスタンを叩いてくれたりしてるので、よしいいぞ!ケイト!もっとやれ!みたいな気分になりました。
そしてケイト。
めっちゃ強くなってる。
ブルーネル寮で辣腕ぶりを披露し、ぐちゃぐちゃだった人間関係を僅かな日数で立て直してしまう。
その立て直し方が!ゴリラの如く(褒めてます)キレ散らかし(褒めてます)正論ぶちかまして全員を黙らせねじ伏せる!
読みながら、いいぞ!もっとやれ!!ケイト!って心躍りました。
不憫受なはずなのに、ケイトはめちゃくちゃ強い。
そしてもれなく、回りの人間を赤ちゃんに変えママになる……。
聖母ケイト。

苦しい内容のお話でしたが、ケイトが終始強くあり、安心して読むことが出来ました。
途中で別れるシーンは泣けましたが、スタンがケイトから離れられる訳がないと信じていたので苦ではありませんでした。
分厚くて読み応えがあり、やっぱりパブリックスクールシリーズ好きだなぁと思いました。
サプライズ的に、エドと礼もチラリと出てきて嬉しかった!
まだまだ続いて欲しいシリーズです。

お話は良い!!けど!!惜しむらくは…

作家買いで、発売を楽しみにしていました。
佳門先生は、エロエロなのにストーリーでもしっかり萌えさせてくださる貴重な作家さんで、タイトルと表紙から期待値上がりまくっておりました。
じっくりねっとりと、ほぼ1冊かけて受けとの愛の営みが丁寧に描かれ、エッロ!!最高か!!という気持ちだったのですが、その気持ちに水を挿しまくる白抜き修正の嵐……
レーベルがリブレだったのであぁ…という感じなのですが、ほんとそこだけが残念で……
盛り上がった気持ちがスンっとなってしまいました。
あそこまで真っ白にするなら、成人指定で発売して欲しかった……
勿体無いと思ってしまいました。
内容のレビューは子他の方が絶賛してくださってるので気になってしまった部分だけ書かせて貰いました。
修正に萎える人は要注意です。

表紙のポップさに騙されないで

作家買いです。
どんな作品でも良い意味で魂エグってくるおまる先生。
今回あらすじも読まず、おまる先生のオメガバース!絶対素晴らしいに決まってる。
表紙のオメドルとかいう子もめっちゃエッチで可愛いし楽しみだなーと意気揚々と本を開き読み始めると、なにかが違う…
ん?攻めもΩ??表紙の子もΩだよね?Ω×Ω??

正直オメガバースの醍醐味はα×Ωという嗜好を持っていたので、冒頭でのがっかり感はでかかった。
けどおまる先生だし、と気を取り直してとりあえず読み進めると、どんどんと繰り広げられる予想外のシリアス展開にページをめくる手が止まらなくなりました。

結果Ω×Ωではなく、さらに意表を突かれたΩ×αだったのですが(正直むしろ地雷)地雷とかそんなことどうでもいいと思えるほどに重厚で切ないストーリー。
特に受(α)の真伊先輩の不遇さと攻(Ω)の南くんを思う気持ちの大きさと健気さにハートぶち抜かれました。
最後はしっかりハッピーエンドで(若干ダークですが)とっても読後感は満足です。

ステレオタイプのオメガバースではなく、異色な感じのオメガバースなのに、それを踏みつけて読者を納得させてしまう素晴らしいお話でした。
是非表紙のポップな感じに騙されず、手にとって頂きたい作品です。

わぁぁぁ!!って久しぶりに叫んだ

連載が始まった当初、作画がチャンピオン畑の男性作家と知って、興味本位に電子で1話だけ読みました。
ここからどうやってBがLするの??と、先が全く読めず単行本が出たら買ってみようかな〜と思い存在をわすれていました。
本屋で単行本に出会い本日購入。
あまりにも楽しかったのでレビューせずにはいられませんでした。

受攻はまだ確定してませんが多分主人公の赤松くんが受だと思います。
赤松くんは訳があり高校生ですが一人暮らしをしてます。そこに野良喧嘩相手の神崎が縁あって転がり込んでくる所から話は始まります。
二人で生活用品を買いにイ○ンへ行ったり、二人で布団を洗濯したり、一緒にお風呂に入ったり…
なんかとにかく可愛い微笑ましい!!
攻の神崎は訳ありな感じのバックボーン(893かな?)がありそうで、そこら辺が今後どう展開していくのかそれも楽しみです。

男性作家さんが描いているので、これBL ?本当にBL?と脳が混乱しますが、安心してください!ちゃんとBLですよ!
最後の6話でだいぶいい感じになってきます。
私はいい感じになった所であああああーーー!!と叫びました。
展開に焦れて、ああああああ!って叫んだの数年ぶりでした。

とにかく、続きが楽しみだしおすすめです。
原作のSHOOWAさんのテイストが盛り込まれながら、骨太な作画でとっても良いです!

艶攻め声にやられた

伊東健人さんの受けが聞きたくてキャスト買いです。
某ラップバトルのキャスト同士のキャスティングでそこにも惹かれました(笑)購入動機が不純でごめんなさい。
完全オリジナルシナリオのドラマで、よくできている内容だと思います。

特に仲良くもなくあまり接することのなかった攻の湊川とひょんなきっかけで寝ることになって、その後相手の事が気になり始めてしまい‥‥みたいなわりと分かりやすい展開のお話ですが、実は軽く受を誘っていたと思われた湊川が本当はめちゃくちゃ受けの古河のことが昔から好きだったという胸キュンな展開。

エッチは2回。
1回目は、お試し的な感じで受けの古河も戸惑いがちなぎこちなエッチ。
2回目は、ラブラブ両思いエッチ。

ノーBGMで息遣いや喘ぎがよく聞こえます!

伊東さんは受けは始めてで、控えめな喘ぎがとてもよかったです、受けだけど雄みを無くしていなくて女の子みたいな喘ぎが苦手な人にはお薦めです。今後も是非受けを続けて頂きたい!!
駒田さんはBLCDでメインをやるのが始めてですが、攻めなので違和感なく、艶のある妖艶な感じがとてもよかったです。受けも聞きたい!!

ほんわかできる幸せな作品でしたー。

愛は金なり コミック

熊猫 

萌え死んだ

か、わ、い、すぎるーーー!読み始めて十数ページで、主人公のソラくんの無垢アホ具合に心臓をわし捕まれました。
一見して表紙が今時のさらっとした感じではなく、描き込まれた毒々しさがあり、始めは手に取るのをやめたのですがこちらのレビューの高評価に惹かれ購入。
買ってよかった!!!全部読み終わる前にそう思いました。
主人公のソラくんが、とにかく無垢です。
悪魔なのに無垢!萌えーー!!
攻めのエリルが、要所要所でソラの無自覚な可愛さに萌えギレるシーンがありますが、超わかる…
か、わ、い、い、ん、だ、よ!!(怒萌)って私も何回もなりました。
そんな無垢なソラくんを、あれよあれよと手篭めにしてゆくエリルさん。
始めは興味だったかもしれないけど、どんどんソラにハマっていく感じがとても良いです。
単にエロ可愛いだけの話ではなく、エリルさんがソラくんに救済されるというテーマもしっかり描かれており、読み応えのある作品だと思います。

一応区切りよく終わってましたが、是非続編を期待したい作品です。
アニメイトの特典リーフレットがまた、萌え死させてくれるのでこちらもおすすめです。


神!だけど紙よりも電子で!

電子版の方の評価です。
紙は……白抜き修正が笑えるくらい酷くて、ここまでするなら18禁版で発売すれば良かったのでは?と思えるレベルです。
エロを売りにしている出版社なのに残念です。
大好きなアタミさんの新刊と言う事で喜び勇んで紙で買って中を開いてガックリ。
ここでの電子版のお奨めを見て、電子版でも購入しました。
あぁ……望んでいたノンストレスの世界がここに!!!

内容は素晴らしいの一言です。
ただのエロエロ内容なし漫画ではなく、どっぷりとエロが濃厚なのにもかかわらずしっかりとした二人の恋物語が描かれていてしかもそれが単行本丸々一冊使われて描かれているという贅沢ぶり。
ありがとうございますありがとうございます!
一話を読んだ時点で、体から始まる恋系の話かと思いきや、実は攻めとの接点が持ちたくて全ては受けが仕組んでいた流れにゾクリとしました。
健気!!
アタミさんの描かれる受けがもうハチャメチャエロスで、色気が駄々漏れており、そりゃ攻めも落ちるわと納得できます。
最後に、受けに色々アドバイスをしていたゲイバーのママに若干イラッとしたのは私だけでしょうか。
うまく行くのを邪魔したいのかこの人は?と邪推してしまいました(笑)
とにかくエロもストーリーも素晴らしいので是非(電子で)お奨めいたします!!

ため息の出る美しさ!ありがとうございます!

神すぎて、表紙を見てるだけでどんぶり飯5杯はいける美しさです。
さいとうちほ先生は少女漫画の大御所で、昔からとっても色気のある素敵な男性を描かれる作家さんで、いつかBL描いてくれないかな、でもバリバリの少女漫画家さんだから無理だろうなぁって思ってました。
だから、この本が出ると知ったときの衝撃と嬉しさは言葉では表現できない程でした。
情弱でBBGで連載されていた事を知らずこの本の告知でBLを描かれていたことを知りました。

内容は、もううっとりとしたため息しか出てこない美しさです。
語彙力を失う……
美麗と、萌えが詰まった画集です。
一枚のカラーイラストに1ページのそのイラストの漫画が描かれていて1ページだけなんですが妄想と萌を掻き立てられます。
イラストは沢山ありますが、2作品シリーズになっていて、一つが民族BLもう一つが平安BL。
ちゃんとしたストーリー仕立てになっていて、ほんと……良いんです……素敵なんです(語彙力)
民族は、的同士の民族間で政略結婚が行われるんですが嫁に来たのが男の子だったというお約束のネタ。
でもラブラブになるんですよ!
もうひとつは、東宮と護衛の忍び(?)とのもだもだラブロマンス。これもかわいい!
本当にさいとうちほ先生にBLを勧めてくれた編集者様に感謝します。

お値段はお高いですが、それに見あう内容と価値を伴った素晴らしい本です。
是非お手にとっていただきたいです!

某とりかえばや物語が完結したし今後はちゃんとしたストーリー漫画も描いてくれないかなぁと夢見ます。