マミィ。さんのマイページ

レビューした作品

アドバンスドレビューアー

女性マミィ。さん

レビュー数24

ポイント数229

今年度99位

通算--位

  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

5人の王 6 コミック

恵庭  絵歩 

上がったり下がったり

疫病の原因を探っていた緑の王セージが過去で見たものは信じたくないものでした。あんなにこれからの展開にドキドキを感じてたのに、え?あの人が?!で、また更にややこしいことに今度は現在に戻ったもののウィローを過去に置いてきたままにするわ、中途半端なまままた過去に戻っちゃうわ。6巻だけでも何回行ったり来たりしたでしょう。そして、過去に行った緑の王、大好きな青の王シャーに好きだと告白して、キスまでしちゃうので、そこでまたテンション上がるのですが、さらに良い感じなのが王様同士の恋が禁忌じゃなかったってこと!これ、最終的に青と緑がくっつける伏線キターと思ったのも束の間、最後の最後にとんでもなく切ないどんでん返しでしたね。
過去と言っても、現在の登場人物が若いだけじゃなく、初代王様くらいまで遡ることもあり、物語が壮大すぎて気楽には読めない感じになってきましたね。

5人の王 5 コミック

恵庭  絵歩 

切ない

過去に戻ったり、今で襲われたり、謎解きしながら話は進んでいきますが今回は全体的に切ない展開でした。そんな中、緑の王が思い余ってシャーが好きですとストレートに抱きつくシーンには感動しました。そして、もちろん抱き返す青の王。で、キスしたりなんだりするわけですが、これって「愛し合う」ことにはならないの?!って思っちゃいました。王様同士が愛し合ったら死んでしまうんじゃなかった?!と思ったら、最後までしなければいいらしい。なるほど、ちょっともやっとしましたがそう言うことなんですね。
4巻でグリニッジさまに抱きついて、翌朝胸にテンクチャーが出てしまったグリニッジさま。申し訳ないと謝りつつも、「それでも青の王が好きなんです」って告白されちゃうのも、子供とは言え残酷な仕打ちです。
ヒソクとの庇いあいで過去を行ったり来たりして、未来もそれによって変わってしまうので、話がごちゃごちゃになってしまい覚えておくのが本当にしんどいですがそのどさくさで何とか青の王と緑の王が最後まで結ばれる未来に変えてもらえませんかねぇ。

5人の王 4 コミック

恵庭  絵歩 

なんか複雑なことになってきた

西方の町にやってきた緑の王と青の王たち。色々なことが起こるなか、緑の王がまたもや過去に戻る夢を見る。そこで出会ったのは若かりしころの青の王。その夢の中でルリさまが好きだったのは弟のエール(前の青の王)だったことを知る。シャーとルリさまに愛されながらも、エールは紫の王と禁忌を破って恋仲になってしまったのか。色々な謎が解けながらも、ひとつ解けるとまた新たな疑問が出てくるので緑の王は青の王に真実を教えてもらいたがるがまだ何かを隠している青の王は口づけで誤魔化してしまう。妹のためにする口づけではないのに、受け入れてしまう緑の王。もう、完全にメロメロになってます。そしてそして、なんと罪深いことに色々上手く行かないからって、グリニッジさまに甘えてしまう緑の王。小悪魔だった。

5人の王 3 コミック

恵庭  絵歩 

最早レビューじゃない

五人の王、それだけでも登場人物が多いのですがこれが過去に戻ったり、名前が変わったりで毎度のことながら読みはじめてしばらくは前の巻を読んだり、あらすじを読み返したりで思い出す作業が必要です。
緑の王の人を操る力が目覚め、黒の術師を弾き飛ばしてしまったり、過去の夢を現実のように見たり、その不思議な力はどんどん開花していきます。赤の王を慕いつつも青の王にもひかれていて、初登場のグリニッジなる緑の王の側近までなにやらいい雰囲気になりそうな予感。西方で疫病が流行っていると聞き、自分に出来ることは駆けつけて早く手を打つことだと荷馬車に隠れて検問を突破するも襲ってきた西の民に王であることがバレ、あわやと言う時、最後の最後に青の王が颯爽と登場。ヒーローってこう言うことよね。

久しぶりのトモコー

 三年ぶりくらいのひみつのセフレちゃん。相変わらず年の差17のともに愛されまくって、うるうるのお目目でキュルキュルされて甘やかしちゃってるこうすけさん。片や国民的アイドルで世間的にも有名人なのに好きと言う気持ちを恥ずかしいとも間違ってるとも思っていないともが可愛いながらもしっかりと芯が通った男でした。
 後書きに当初の設定ではお兄ちゃんもいる予定だったけど、女ばっかりの三姉妹に囲まれて育ったと言う方がともっぽいと思い直して、設定を変えたと書いてありました。こうすけさんが見ていたウィキ○ディアが間違えてたってことらしいです。うん、昔のこと過ぎて、その設定忘れてたし、私もともは女兄弟のなかで育った男の子って感じします。
 古参のドスケベフレンズですが今回はあまりに久しぶりすぎてカバーよりも先に本編読みました。そして、最後にカバー。今回は黒真珠?お琴?と想像していましたがこちらも珍しく普通に本編に触れていました。セフレちゃんも10年だそうで、最初から知ってる自分のBL歴に驚きです。

Punch↑(6) コミック

鹿乃しうこ 

最高の体

変態な志青と可愛い浩太ももう六巻まで来たんですね。志青の浩太への愛は相変わらずで、職場での惚気話に私も混ぜて貰いたいくらい。
今回はそんな変態志青の黒歴史前半戦。と言っても、二人の間には信頼関係がきちんとあるので変なモヤモヤは起こりません。過去、志青が好きだった壬生さんはなんだかミステリアスな美人さんで魅力的ではありますが、筋キン、パイパンの可愛いコータンには敵いません。
サイコパスな渋沢先生と壬生さんの関係はまだハッキリしませんが事あるごとに志青と浩太のエッチシーンがあり、最高の体を堪能できたのでお腹一杯です。重いテーマなのに、志青の変態語りと散りばめられた下ネタギャグで救われます。

伏兵がいた

前半は真矢くんとネムネム。真矢くんがやっと独り暮らしを始めることになり、ペアリングも買いに行き、安定の二人でした。
で、少し時間は遡り、ネムちんの友達沖野くんの話が後半なのですが、私の中ではこっちの話が今回のメインでした。沖野くんのお相手、九谷さんが、思っていた以上にかっこ良くて、かつ、エロい!!普段の無表情な感じとは打って変わって、スイッチが入ると、どなたさん?ってくらいカッコいい。沖野くんのことをずっと好きでいたのも嬉しいけど、沖野くんが精通がまだ来ていないと知ってからの雄モード!言葉攻めはするわ、いろんな要求はするわ、手慣れてるわで、思わぬ伏兵でした!
据え膳ガッツリ食べられた上に、実はリバだったと言う驚きのキャラクターに今後のこれ以上の登場を期待してしまいます。

変わった二人

オメガバースと言うと設定が決まっていて、そこからあまりブレることの無いものが多いと思いますがこちらはアルファもオメガもどちらも「らしくない」と言う点が共通しています。
個人的にはオメガが「発情がまだしてなくて、あまりフェロモンが出ない」と言うのは許せるのですが、アルファの方の「優秀じゃない」と言う設定が好きではありませんでした。
その設定じゃないと、家柄のために結婚して、嫁に捨てられると言うその後の展開に持っていけないからなのかもしれませんが、やはりアルファにはスパダリであってほしかったです。

どんどん好きになる作品

セラピーゲームの続編。二巻は一巻で話に上がっていた同棲の話がどんどん現実的に進んでいきます。同時に静真くんの仕事もやっと雑用からアシスタントまでレベルアップして、謎だった院長先生も登場します。6割くらいはエッチシーンじゃないかなと思うほど、二人のイチャイチャも増していますし、仕事が押して待ち合わせに遅れても、すぐに喧嘩とならずに静真くんの仕事を理解しようとしたり、セラピーゲームだったら即浮気ってなるところがここまで我慢できるようになるなんて、二人の間に信頼があるんだなと微笑ましかったです。最後の最後に、院長先生を見て、湊が驚いた顔をしていましたが、あれってお母さんとか?!展開が待ち遠しいです。

人は変われるんだね

セラピーゲームの続編スタートです。
今回はカップルになってからのお話で、かつ、静真くんが学生から社会人、しかも念願かなっての獣医さんとして働き始めます。獣医さんと言ってもまだまだ雑用に追われ、時間も体力も奪われていくばかりで全然湊に会えない静真くん。なんとか電話するも疲れはててしまって途中で寝落ちしてしまう毎日に湊は寂しくないと強がりますがやっと会えた時にはいろんな気持ちが爆発して、二人とも激しいです。
セラピーゲームの時は湊があんまり好きじゃなかったけど、今回のシリーズではやせ我慢する湊がただただ可愛く見えました。