どうせ掘るなら深い穴。

douse horunara fukai ana

どうせ掘るなら深い穴。
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神69
  • 萌×261
  • 萌24
  • 中立10
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
23
得点
671
評価数
168
平均
4.1 / 5
神率
41.1%
著者
りーるー 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス moment
発売日
価格
¥657(税抜)  
ISBN
9784801954137

あらすじ

都会から出戻った大樹は実家でレンコン作りを学び始めたばかり。

姉の夫であり幼なじみの豪を思いながらトラックの中で耽る自慰を、自己嫌悪しながらも止められずにいる。

そんな秘め事を見ていたのは、農家の若手支援のため東京から出向してきたという男・岩清水。
そのやさしい顔に似合わない強引さで、大樹の体は翻弄されてしまう。

岩清水の存在は、しだいに大樹の心にも変化をもたらして――。


本編に大幅加筆修正&描き下ろし漫画13ページ収録!!

表題作どうせ掘るなら深い穴。

岩清水桔平,農業支援の公務員
友永大樹,レンコン農家の息子

その他の収録作品

  • カバー下表紙1【表】~カバー下表紙4【裏】:相互紹介

レビュー投稿数23

エロ最高。

じわじわじわじわと、攻め入ってくるというか浸食してきて
農家のこの世界にどっぷりとのめり込んでしまったという感じです。

凄いエロいんです。

びっくりしちゃった。
男の欲情というか、ここまで描かれちゃうと
見てて恥ずかしかったけど
なんとなく共感できてしまうんです。


腐女子の方も共感なのかは分かりませんが
俺は世界をよく上から空の上から見てる感じで読む事が多いです。
腐女子の方も俯瞰して読まれるという方も多いと思います。

ただこれは、こう、俯瞰してる自分と
共感してる自分と、追体験というか疑似体験のような錯覚になってくるというか感情移入してしまうというか
切ない恋心と、男って面倒くさいところは面倒くさいので
凄い分かるんです。

こういう誤解されてしまうような心情と態度は
男特有のものだと思うので
凄いリアルだなと思いながら
とてもエロい、とにかくエロくてびっくりしました。


最高です。

12

BL越えてゲイ漫画じゃないの!?

電子書籍でおにショタのBLパターンは作品は拝見したのですが、その頃から「りーるー先生の書く身体つきが、BLの範疇を越えているのでは」と思っていました。
というのも、顔はデフォルメされていて、むしろ可愛めにも見えるのに、身体の肉感・筋肉が妙にリアルでエロいエロい!
正直、先生こっちの人なの?と感じてしまうくらいには(ごめんなさい)

今作は大人同士のBLのため、エロシーンが超絶エロいのなんの!
線の細い男しかいないそんじょそこらのBLなんて吹っ飛んでしまうくらいエロい!としか言えない!
特にエロいと思ったのは、ラブホに行った時に岩清水さんが風呂場に現れた時の全身姿……「良い身体」と大樹さんが評するのも納得のエロい身体つきで。これだけ見ても、BL以上ゲイ漫画でございます、ほんとエロいですありがとうございます。

さて、肝心の話の中身ですが、コミカル・エロ・シリアスの配分が非常にバランスが良いと感じました。絵柄の関係上エロ成分多めではありますが、非常に読みやすく、飽きが来ない。
精神的部分によるBLを重視した作品で、BLの面白さに気付いた初心者の方に対して、次のステップへ進むのにお勧めしたい作品ですね。
先述の通り、身体はエロいですが、顔がデフォルメというかコミカル寄りの絵柄なので、リアル過ぎないです(ヤってることは超どエロですが)

シリアス面について。先に書きますと、精神面に関してもかなりリアルに描写されているように感じます。
閉鎖的な田舎に暮らし、ゲイの仲間もおらず、好きな相手は身内と結婚し「ほぼ」一つ屋根の下で暮らし、確実にノンケ+義兄という圧倒的に叶わない愛情を抱いた大樹さんの心苦しさに、ものすごく共感と寂しさを覚えました。
そこに現れた「同種」で「最大の共感者」である岩清水さん。おそらく最初にゲイだとわかった時点で、わりとすぐ身体を許してしまうくらいには大樹さんは救われていたのかもしれませんね。
快感に委ねてしまうのもあるのでしょうが、「肌を重ねてもいい相手に巡り合える」というのは、田舎ではなかなか無い、奇跡のような救いなんです。
ましてや先述のような心苦しい状況の中でのタイミングだから、余計に大樹さんが救われているように思えるのです。読み進めるごとに彼が多幸感に溢れ、余裕のなかった表情も次第に柔らかく溶けていく変化を見ると、本当に「良かったね」と言葉を投げかけたくなるのです。
その過程を楽しめるのも、飽きが来ない理由の一つではないかと思います。

まあ、何を言っても、とにかくエロい!!という言葉が似合う作品ではありますねwww

※このコメントで何回「エロ」と書いたか数えてみよう!

8

最高です!

最高です!
もちろんエロもですが、それだけではない
人間関係の深さもあってとっても良かったです。

絵はどっちかというとガチムチよりな感じです。
だからこそよりエロかったです。
まあ農業やってる話でひょろひょろに描かれてもガッカリですしね。笑


最初の絡み、軽トラの中でのシーンからもう良かったです。
くわえたいけど狭いから手で→受け様自分で乳首いじりだす→後ろがうずく→攻め様すかさず指で!!
という流れが個人的に萌えでした。

そのあともお決まりの受け様の敏感さで
エロ盛りだくさんです。

受け様の親友でお姉さんと結婚したキャラも、
なんかリアル?で実際にこんな家族あったら幸せ一家だな~とほのぼのとした気持ちで読むことができました。
流れはある意味、王道ですが、
だからこそ安心して読め、繰り返し読みたいと思う作品です!

8

ほほえましくてタマランのです

楽しみにしてました!( *´艸`)ぐふふv
電子で既読な作品でしたが、コミカライズと聞きまして
買ってしまいました。
エロカワ万歳な作品。
ストーリー的にもちゃんとしてるのがいい!
電子ではあんまり思わなかった、視線の持って生き方が
好きだなーと今回思いました。
片思いの親友を見る目、その見ている受を見ている攻の目。
視線が好き。
そしてなによりエロがエロエロしくてよかったです。
溶けた受の顔が可愛くていいよね!
イヤヨイヤヨも。。。とは言いますが
口ではなんだかんだいっても結局抵抗少なく受け入れてしまうところが
可愛いと思うのです。
ほだされた感じかなーとも見えるのですが
ちゃんと好きになって、大切な相手として~な巻末も好き。
電子~だから仕方ないのかなとも思うのですが
ちょっと結合部分が見えないのだけが残念だったかな。

7

あなん所や、こんな場所で!

私は大好きです!

攻が、攻めなんです!
まさに、ドンドンと受クンを攻めます!
ラストまで!!

また、受を取り巻く家族の様子がしっかり書かれていたと思います。
こういうの、初めて読みました。

受の苦悩や、何となく気付いた姉のようす・・・
そして、そして、受クンは農家さんなのです。
軽トラも、描かれてます。
雨合羽も、描かれてます。
BL 本 では、初めてです!

ラストは、しっかり安心なラストでした。
H も、「あわ、あわわわ~!」な場所で有ったりしてドキドキでした。
美尻ですよ~~(///∇///)

素敵な、作品でした!
また次回作が、楽しみです。


5

めちゃくちゃ好き!

可愛い表紙にちょっと惑わされそうですが(笑)、中身はやっぱりりーるーさんらしくむちむちボディ祭りでした!
筋肉大好き、ガチムチ大歓迎の私には、お尻のエクボとか、太ももにかけてのラインとか、(執拗な乳首攻めもめちゃくちゃ萌えるのですが)乳首だけじゃなくて全体を包み込んで揉み揉みしちゃいたくなるような、ちょっぴり柔らかさのあるようなボリューミーな雄っぱいとか、エロい身体を堪能できるおいし〰️い1冊でした。エロいのはもちろん身体だけじゃなく、濃厚なキスも、あんなとこや、こんなとこでの絡みもすごいよかった〰️!!

そんな悩殺ボディの持ち主もめっちゃいい!姉の夫となった幼なじみへの恋心を拗らせつつも家業のレンコン農家に戻ってきて黙々と働く大樹と、東京から派遣されてきた岩清水。

不器用に生きているタイプが大好物の私としては、悩める大樹ははまるだろうなと思っていたのですが、柔らかさを全面出しで、掴みどころがないようにも見える岩清水がめっちゃツボでした。

やり場のない想い抱える大樹を、時に柔らかく包み込むように受け入れてみたり、時に強引に快楽を与えてみたりと、どんどん自分にのめり込ませてしまうところは笑顔に隠されてはいるもののかなり強かでドキドキさせられるし、いざというときは自分が盾になって恋人を守る強さを持っているし、声を荒げたり、手を上げたりするのではなく笑顔でかわしていくところがめちゃくちゃスマートで、さらにきゅんきゅんしてしまいました。

そんな頭の良さを笑顔で隠してる岩清水が、大樹にはベタ惚れで、溢れんばかりの愛情と性欲を惜しげもなく注いでいるところがたまらない〰️(泣)それを戸惑いながらも受け入れていく大樹もめちゃくちゃ可愛い!身悶えしちゃうくらいはまりまくって何回も読みかえしてしまった1冊、すごいよかったです!

5

「掘るの得意です」

一見するとポップな農業漫画の表紙。線引きは人それぞれだとは思いますが、個人的にはゲイ漫画だと思います。ガチムチ感のあるガタイとか、ゲイであることの葛藤とか、キラキラ系ではない絵柄から。

以下ネタバレ含みます。自分は事前に知っておきたいNG事項ですが、知らずに読みたい方もいると思うのでご注意を。

好きだった幼馴染が自分の姉と結婚し一度は田舎を出たものの、出戻りする大樹(黒髪 受け)。民間企業から県庁に出向し農家の若手支援を担当する岩清水(メガネ 攻め)と出会い…というストーリー

岩清水の仕事をしっかり理解せずに読み進めたせいで途中気が削がれました。後半「公務員試験は初」とのセリフもある通り、岩清水は民間からの出向者です。

幼馴染である豪は大樹に恋心を抱く事はありません!これで豪→大樹の展開だったら無理でした。生来のもので男性が好きな男性と、女性が好きな男性がきっちり分かれているところもゲイ漫画と感じた要因かも。

かなり濃厚なエロですが、話がしっかりしていてとても良かったです!

※電子書籍
限定おまけ漫画1枚

4

ガチムチとエロが満載です

表紙はポップな感じですが、中身はガチムチとエロが満載でした。

岩清水が大樹をホテルに誘う場面が好きです。
あたふたしてる大樹がかわいい…

田舎においてゲイという自分を隠さないといけない悩みだったり、親友(大樹の姉と結婚)への想いを抱えないといけない苦しみだったり、シリアスなシーンもあったので、読みごたえがありました。

二人の周りが優しく温かい人ばかりだったので、最後まで安心して読むことができました。
大満足の一冊です。

3

タイトルが好きで

タイトルのインパクトで読むものを選びがちなのですが、とてもよかったです。
まず、えっちが多い!終わり方がハッピー!!
家族、地域社会、周りの目があるから田舎でゲイとして生きるのはあまりに息苦しいというのが伝わってくる描写。想い人が自分の姉と結婚したらそりゃあきつ過ぎますよね。何事もない顔して一緒に暮らすとか無理すぎるので、大樹が一度出て行った理由もよくわかります。家業のことも嫌いじゃないのに自分の気持ちを持て余している大樹の心情が良く描かれていると感じましたし、岩清水と出会って大樹はちゃんと自分らしく生きられるようになれるのだろうなと思えました。
家族があの程度の騒ぎで落ち着いてくれるのはあまりに理解がありすぎるとも思いますが、私はそのくらいのやさしい世界のほうが好きなので心に刺さりました。
ラブラブえっちがたくさん見れますし、筋肉のある受けが大好きなのでたまらなかったです。
えっちでハッピーが作品で大好きです。

3

家族と愛と仕事とエロといろんなものがたっぷり詰まった最高の作品

Ebookさんで紹介されていて試しに1作購入し、衝撃を受けて残り全部もまとめて購入しました。

まず絵柄が綺麗。出てくる人がそれぞれ人間味が深くていい。
書き文字が生きている、というか文字であり絵であり感情表現のひとつなのもいいです。作家さんがそこまで意図されているかどうかはわかりませんが、文字の形や動きからも伝わるものが多くて楽しいです。

エロもエッチもあるのですが、物語がとにかくよかったです。
どっちもこんなに味わえるBL作品には今まで出会ったことがありません。
物語しっかりエロ少し、またはエロたっぷり中身薄、が多いように感じていたので。

主人公のお姉さんもかなり物語りに関わってきます。
親友に恋をしていて、身内になってしまう、という展開は珍しくないと思いますが、その結婚相手の女性がこれほど魅力的なBLは珍しいかと。
主人公とお姉さんが抱き合って気持ちを伝え合うシーン、読んでて涙が出ました。

メインカップルの2人の関係は突拍子もない出会いから始まり、エロエロあり、感傷的になったり、計算や躊躇あり、と進んで行くのも魅力です。
読み終えてタイトルを見返して、思わずひざを叩いてしまう爽快さも味わえました。

なぜ今までこの作家さんに出会っていなかったのか!!
自分にばかもの!と言いたい気持ちと、だからこそ今たくさん読める喜びとと、読み終えてしまったらしばらく次が出るまで身悶えしながら待つ羽目になるのかという切なさと、いろんな感情が一挙に到来して複雑な心境です。
それくらい衝撃的な出会いでした。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う