最後のΩは番になれない

saigo no omega wa tsugai ni narenai

最後のΩは番になれない
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神6
  • 萌×24
  • 萌4
  • 中立5
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
5
得点
63
評価数
21
平均
3.3 / 5
神率
28.6%
著者
赤色マッシュ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
コアマガジン
レーベル
drapコミックスDX
発売日
電子発売日
価格
¥735(税抜)  
ISBN
9784866535654

あらすじ

Ωだけに感染するウイルスが蔓延し、生き残ったΩは世界でたった一人、体に抗体を持つ宮本終だけだった。
政府の研究機関に隔離され、αたちと子供を作ることを強要させられていた終だったが、その日選ばれたαの本田はこれまでの誰とも違い、目が合った瞬間に発情してしまう…!
本能のままαの本田を求め、情欲に溺れてしまう終。
この人が運命の相手だと確信するも、番になれない二人の関係は――。

表題作最後のΩは番になれない

本田新一郎,α,医師
宮本終,人類最後のΩ

その他の収録作品

  • 最後のΩと番になる

レビュー投稿数5

微妙な感じ

別に嫌な気分にはならないんだけども、なんかスッキリしない。

おっかさんの呪い?酷い名前つけるよね?
全オメガを絶滅させるぐらいの呪いかと恐ろしくなったわ。

で、終は妊娠できないの?医療体制ばっちりな中でこんだけやってできないなら妊娠できないってのは乱暴な感じするよ。
で?妊娠したの?そこハッキリさせて欲しかったわ。無事出産までしてもらった方が気分良く良かったね。と、思えたと思うの。

攻めが親の言いなりで2回も結婚して離婚してるのにはマザコンかよ?と。
そしてまた息子の恋路を邪魔する懲りない母。
そこで今回は言いなりにならなかったから中立ってところで踏みとどまれた私 笑

0

設定で既に切ない

設定で既に切ない。
Ωな色々と背負うものが多すぎて切なかった。
番になりたくてもなれない2人の葛藤…泣ける。
しかし…子どもが出来ないΩっていう割に、そんなに時間経過してないと思う。妊娠ってそんな2、3日でわからなくない?ってツッコミ入れそうになった。
あと、おめでたEDにするならはっきりそう書けば良かった。子どもが出来ないΩと散々影でも、Ωからαへ言われてて、それが2人の危機でもあったのに。
ふわんと雰囲気でおめでたって…救済がちょっと雑かなぁ。少し可愛いそうに感じた。
…なんなら子どもも出せば良かったのに。

1

ギリギリあまあま

好きで好きで自分より相手の行く末を優先しちゃう!でも、身体も心も欲してる!!抗えないしがらみ!切望と絶望が入り乱れるのたまらない民にグサグサきました。

恐らく、Ωは出生率が良く、Ωからの方がαが産まれやすいって設定を良く見るので、バカスカα産ませて、Ωならまた産む機械にしてって目論見、最後のΩで絶滅危惧種だから研究も兼ねて隔離されてたのかなと思うわけですが、そんな期待を一心に背負ってるのに!子どもを産んではいけないと言い聞かせて生きてきた気持ちが覆るような相手に出会ったのに!産めない…何にもできないって苦しむ姿が切なくて、それでも本田さんを求めて疼く身体に蝶が群がる様は美しかった!!

運命の番で惹かれ合い、どうしようもなく求め合う、オメガバだからこそ!の見せ場の切なさや蕩けるえろ可愛さもぎっしり~

本田さん、押しが強くて、いちいち言うことキマッてて、クールなのにそこはかとなく甘いこと言ったり執着みせてくるのズルい。終を真摯に励ました後の「αの本能がそうさせるの?」という問いに「そうだ」としか言えないって姿にはこみ上げるものがありました!本能を否定したいのに否定できない歯がゆさ!!運命だからってだけで気持ちを寄せてるわけじゃないのがどんどん見えて、お話もどんどんテンション上がっていきます!!

個人的にはαステロイドで狂い出し、ボッコボコ血みどろの中で求め合うのが背徳的で終に聖母みもあって堪りません!!2人だけの世界!!ゾクゾクする!!

ぶっとんでんな~からの、気持ちを確認し合ってからのえっちの柔らかさ、悩み苦しむ終に想いを告げる本田さんの慈愛に満ちた顔の優しく愛しいこと!!!この辺りの表情の変化が沁みる。

妊娠はせずに二人だけの世界で終わるのもありだったかなぁと思うけど、幸せいっぱいでなにより…


紙本購入で応募できる小冊子はさほど興味のないもう1冊の対象作品との同時購入が条件で電子派としては辛いところ。この作品だけなら紙本も買ったのに。ハードル高くて諦めました…残念。そして、電子特典はR18って謳ってるけど白抜き…エロありだからR18?謎です。

モヤモヤや細かな疑問はあれど、えっちくて可愛くて艶やかでスタイリッシュで狂おしさの魅せ方はピカイチ!!

3

人類最後のΩ

Ωだけに感染するウイルスが蔓延し、生き残ったΩは世界でたった一人、体に抗体を持つ宮本終だけだった。───という、ラストオメガバース的あらすじに惹かれて購入しました。

表紙カバー絵の鼻の描き方が少し気になったのですが、中身を読んだ際には気になりませんでした。(絵柄については裏表紙側の帯のモノクロコマの絵柄参照)

個人的には、表紙絵より中表紙のカラー絵の方が世界観を明確に提示しているように思いました。
中表紙のカラー絵の構図(を表紙用に清書+装丁さんにお願いしたもの)の方が、表紙カバー絵として店頭に並んだ時に『最後のΩは番になれない』という、否定形の題名との親和性が高そうにも思えましたが……まあ、大人の事情もあるだろうし、結局は好みの問題かもしれないです。

+++

本編について
‪α‬用ステロイドという独自性のある設定やΩ主人公に‪α‬蝶が群がる幻想的な描写などはとても素敵だと思いました。
反対に、世界唯一のΩに対する政府研究機関のガバガバ隔離設定や試験薬の異常な効能(漏れ出してあの効能なら管理も厳重なのではα‬蝶のみの実験で人間に投与するか否かの話に発展するせめてマウス使ってくれ蝶実験から飛んで強制人体実験マッドというよりアマチュアサイエンティスト)など、設定の甘さは否めないと思いました。

この本は、世界で唯一のΩになった主人公が政府の研究機関から❝ここにいる‪α‬たちと子供を作っていただきたい❞とα‬たちとの性行為を強要される──という設定のお話(だと思う)のですが、これがどういう意図によるものなのかをはっきりさせていない為、読み手としては受け取りに困る作品に感じました。

①α‬×Ωから生まれる子供ならバース性は問わないのか
②‪α‬×Ωから生まれるΩをつくりたいのか
③‪Ω以外のバース性(α‬×‪α‬ α‬×β β×‪α‬ β×β)から生まれるΩは存在・研究しないのか
④Ω×‪α‬やΩ×βの研究はしないのか

上記①~④の説明があれば、主人公が妊娠出来ないΩと宣告された後に性行為の強要がなくなり、研究機関の外にも連れ出せるという展開も『政府の研究機関は世界唯一のΩである主人公を結局どうしたかったのか』と疑問に思う事はなかったのかなと思います。

設定はとても素敵だったからこそ、上下巻程度の尺と世界観の作り込みがあれば違ったものになったのかなと残念に思いました。
しかしながら濡れ場のシーンは多いと思いますので、オメガバCPのエロ&いちゃラブを求めている方は十分満足する本かと思います。





6

設定はいいのに勿体ない…

【人類最後のΩ】という設定に惹かれて購入。
絵がカッコ良くて読んでて楽しかったのは楽しかった!

が、しかし、、、(。_。)ウーン
ストーリーの深掘りがあと1歩欲しかったな~と…。
設定が面白くて展開も悪くないのに大味という印象です。
(何様なこと書いてすみません;;)

裏表紙に
 『世界でたった一人、生き残ったΩ。』
 『番になれない運命ーーー…』
と書かれています。

間違ってはないし本筋はそうなんだけど、
 『生き残りΩで子作り!!子作り!!』
 『でも子供出来ないから番になれない!!!』
って話にしか読めなかったんですよね(;´Д`)

ううううううーーーん。評価に迷う。

絵  → とても好き!カッコイイ!
設定 → すごくそそられた。好き!
ストーリー → 中立かな…。


さてさて。ザックリとあらすじです。
(咀嚼出来てない解釈で書いてます。すみません)

受け:終は生き残りのΩです。
Ωだけが感染するウィルスで皆亡くなっていく中、
終だけはなぜか抗体を持っていて死にませんでした。

その後、研究施設にて保護され
連日いろんなαとセックスを強いられる生活になります。
強制的にただヤるだけの相手。
αという記号でしかない人とのセックスに心はありません。

そんなある日、
顔を見た瞬間に発情するようなα・本田と出会いーーーと展開します。

攻め:本田はαで医師です。
研究施設でのΩセックスしにきた目的は跡継ぎでした。
(本田は親の勧めで2回結婚して離婚しています;)

終と本田は出会った瞬間「運命の番だ!」となり
ラブラブセックス・両想いイチャは結構あります。

本田と出会ってからは他のαは拒否できたので
その辺りは痛々しさや切なさがなく読めました。

しかし!そもそもなんだけど、
終がなぜ子供作らされてたのかがわからない。
Ωじゃなくても子供産めるよね…??
女性が一切出てこないのも謎なんだけど…??

ここで躓いたら何もかも理解不能になってしまって;

出会った時に「子供が目的」と言い切った本田が
「子供が出来なくても終が欲しい」となるのが物語の肝というのはわかる。
出会いからすぐ上手くいった2人が乗り越える山場は子供問題ですからね…。

けどそれって最後の生き残りの意味ある…?
設定が活かされなくてすごく勿体ないよ…。
結局 終が子作りさせられてた理由がわからんのでなんとも言えないっていう。

ストーリーは躓きましたが
単純にシチュ萌えは楽しめましたヾ(*´∀`*)ノ

・とにかく絵がイイ!本田がキレてるとこカッコイイ!
・アンニュイな終が本田の前だとワンコになって可愛い。
・本田×終のセックスを研究員が見ているシチュ…!!
・巣作りオメガバース好きーーー!!!
・イチャラブエッチ多めうれしい(∩´///`∩)
・発情した終をαの蝶が取り囲む場面が幻想的で良き。

総括として、ちょっと子作りにこだわりすぎかな。
設定はいいのに勿体ないなーという感想でした。

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う