はなれがたいけもの かわいいほん

hanaregatai kemono kawaii hon

はなれがたいけもの かわいいほん
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神9
  • 萌×23
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

111

レビュー数
4
得点
57
評価数
13
平均
4.5 / 5
神率
69.2%
著者
八十庭たづ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
佐々木久美子 
媒体
小説
出版社
リブレ
レーベル
発売日
価格
¥1,300(税抜)  
ISBN
9784799753736

あらすじ

感情を表に出せなかった元兵士ディリヤが、金狼族のユドハの愛情で変わっていく愛しい日々、そして二人のかわいい宝物、アシュと双子たちの物語。
幼い頃から傭兵として生きてきたディリヤには個人的な楽しみの時間が無かった。普通の人々は趣味で人生を輝かせていると知ったディリヤは、自分も趣味を作ろうとするが…?「さがして、みつけて」
生まれて初めて喋った日、小さな巣穴の話など、仔狼アシュのモフモフな毎日「アシュのかわいいおはなし」
書き下ろし長編のほか、ディリヤの過去話も収録。
アシュの可愛さ、つがいの可愛さがたっぷり!

表題作はなれがたいけもの かわいいほん

ユドハ,金狼族最強の兵士で国王代理
ディリヤ,23歳,元敵国の兵士でアスリフ族・ユドハの番

同時収録作品かわいげのないひと

フェイヌ,エレギアの腹心の部下で半狼半人
エレギア,ゴーネ帝国大佐

その他の収録作品

  • 前日譚
  • あなたに捧げるもの
  • アッシュのかわいいおはなし
  • 私の悲嘆に暮れた悲しみの心
  • 殿下のつがいの可愛い話
  • さがして、みつけて
  • かわいいひとたちについて
  • 後記

レビュー投稿数4

サブタイトルそのまま『かわいいほん』

短編集。可愛いが溢れてた♡そんな中で『私の悲嘆に暮れた悲しみの心』はディリヤが兵隊だった頃の話で、こただ生きて死ぬ事だけ考えてるのが悲しかった。その経験があってウルカで生きてくのは辛い事も多いけど、それでもユドハがいてアシュがいて皆がいる今の幸せが尊い。ユドハがディリヤをそのまま受け入れて愛してるのが心を打たれる。もっともっと幸せになってほしいです。
そしてアシュ・ララ・ジジを中心に可愛さ満載♡可愛いだけじゃなく優しくて賢くてユーモアがあって愛が溢れてる家族。癒やされました。

1

ファンにはたまらない一冊

いつもと違ってとても可愛らしい表紙カバーとタイトルに、嫌が上でも期待が高まりました。

SNSや書店特典、雑誌やムーンライトノベルスでの短編を集めた物と知り、もしかして終わるの‼︎って心配しましたが5冊目が発売予定だと知り安心しました。

こちらはタイトル通りに可愛いお話が詰まっていて、次作への小休止的な本なのではないでしょうか?

アシュや双子ちゃん達の可愛らしい話はもちろん、ディリヤやユドハの可愛らしい一面を読む事が出来ました。

そして何より良かったのは書き下ろしの「さがして、みつけて」が私的にはとても良かったです。前作の「はなれがたいけもの 心を許す」のその後が書いてありました。

ユドハの護衛官として働き始めたディリヤの活躍と戦狼隊との連携、そしてディリヤが人々の心を掴み出した様子が書いてあり嬉しくなりました。
同じく書き下ろしの「かわいげのないひと」では、ゴーネ帝国のエレギアから見たその後だったのも良かったです。
これで一気に次作への期待が膨らみました。

ずっとシリーズを追ってる人には是非手に入れて欲しい一冊です。

1

かわいいが沢山詰まった短編集です

本作は「はなれがたいけもの」シリーズの短編集になります。

本シリーズは
金狼族最強を誇る国王代理である攻様の
番である元敵国の兵士の受様が様々な人と関わり
攻様ともども変わっていく様が描かれていますが

本作は雑誌収録作、
初出の「ムーンライトノベルズ」やSNSでの短編、
発売特典類に合わせて描き下ろしも収録されています。

いつもシックなカバーも今回はピンク♡
告知で見た時から「かわいい」が溢れていましたが

収録短編は後日談や幕間的のちょっとした出来事で
コミカルテイストなモノが多く、
タイトル通り、受様と攻様、家族の「かわいい」が
たくさん詰まったとても楽しい1冊でした。

私は雑誌も入手していたので
けっこう収録作は既読のモノが多かったですが
まとめて読むと本作の世界観にどっぷり浸れて
すごく良かったです (^-^)v

収録作と初出は下記の通りです。

「前日譚」
SNS発表作
ユドハがディリアを探している時と
ディリヤとアッシュが2人暮らしをしていた時のお話。

「あなたに捧げるもの」
雑誌掲載作
ディリヤが双子を産んで半年後のお話。

「アッシュのかわいいおはなし」短編5本
SNS発表作、ムーンラインノベルズ発表作、コミコミ特典
アッシュの日常のお話。

「私の悲嘆に暮れた悲しみの心」
SNS発表作
ディリヤが戦士だった頃のお話。

「殿下のつがいの可愛い話」短編5本
SNS発表作、ムーンラインノベルズ発表作
ディリヤの日常のお話。

「さがして、みつけて」
書き下ろし
ディリヤが趣味を見つけるお話。

「かわいげのないひと」
書き下ろし
エレギアとフェイヌのお話。

「かわいいひとたちについて」
書き下ろし
少しだけ未来のアッシュのお話。

2

とにかく可愛い…!

『はなれがたいけもの』の、シリーズ4冊目。
順番としては『はなれがたいけもの』→『はなれがたいけもの 恋を知る』→『はなれがたいけもの 心を許す』で、今作品になります。シリーズものなので前3巻は順番に読まれた方が良いですが、今作品はちょっと毛色が変わっていてですね。番外編、というか総集編?のような立ち位置にいる作品です。

雑誌『小説ビーボーイ』に収録された単話に始まり、既刊の特典だったもの、八十庭先生がSNSでアップされた小話、さらに書き下ろし、とバラエティに富んだ1冊でした。

『はなれがたいけもの』シリーズは、表紙がブラックを基調にしています。それは、受けのディリヤの過酷な過去だったり、息子・アシュを大切に一人で育ててきた過去だったりと、割とシリアスなお話だからですね。その作品のイメージに、そのブラックが非常に合っていてカッコよくもあり、世界観を具現化した感じでいたわけです。

が、今巻はピンク……!
可愛い。
可愛いに尽きる。

で、その可愛さに負けず劣らずの可愛らしい世界観が、今作品にはぎっちりと詰まっています。

親切な人に助けられながら、アシュを守り切ろうと奮闘していたディリアの過去。
ユドハとの再会。
愛する番と可愛い息子たちに囲まれ、幸せな日々を送る一つの家族のお話。

甘々なのですが、ちょっぴり切なくなるようなシーンがちょびっとだけ含まれていて、そのバランスが秀逸です。

アシュとララ&ジジの可愛さはもう言わずもがな。
ディリアがめっちゃ可愛い……。
「秘密の部屋」の可愛さにはKO。ユドハと共にディリアの可愛さに悶絶しました。
それでいてめちゃめちゃ強いって、反則じゃね?カッコいいのです。とっても。

今巻は番外編、なので濡れ場はあまり多くはありません。
ないのですが、これがヤバいくらいエッチぃです。
お互いを愛し信じた二人の、優しく甘く激しい濡れ場にめちゃめちゃ萌えました。

今シリーズが鳥海よう子先生によるコミカライズ化され、今年の9月に発売になるそう。コミカライズを担当されるのは佐々木さんじゃないんだなー、とか思いつつ、鳥海さんも非常に綺麗な絵柄を描かれる作家さまなので、そちらも楽しみに待っていようと思います。

とにかく、何から何まで甘く優しい1冊でした。
文句なしの神作品です。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う