食べてもおいしくありません 初回限定 描き下ろしマンガ小冊子セット【BLCD】

tabetemo oishikuarimasen

食べてもおいしくありません 初回限定 描き下ろしマンガ小冊子セット
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神8
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

35

レビュー数
2
得点
40
評価数
8
平均
5 / 5
神率
100%
著者
媒体
CD
作品演出・監督
蜂谷幸
脚本
沙藤いつき
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
リブレ〈CD〉
収録時間
74 分
枚数
1 枚
ふろく
リブレ通販特典:キャストトークCD(江口拓也・古川 慎)
フリートーク
別ディスクであり
発売日
JANコード
4571284841130

あらすじ

「俺が見つけた、俺のものだ! 」
人間の方が希少な鬼の世界。人である日和[ひより]は鬼にとって甘くて美味しい存在だ。
しかしよりにもよって同級生の巨ツノで強引な鬼、穂高[ほだか]にヒトだとバレその上味見させろとキスされてしまい…。
鬼を惹きつける厄介な体質で、危機的状況!? 抗えない本能と快楽の行方は――!?
大人気の「鬼×ヒトLOVE」コミックスが、いよいよドラマCD化!
山田2丁目描き下ろしマンガ小冊子つき!

表題作 食べてもおいしくありません

穂高仁 → 古川慎

日和七生 → 江口拓也

その他キャラ
高尾結斗[石谷春貴]/ 七生の兄[阿座上洋平]/ 空木健[梶川翔平]

レビュー投稿数2

50-50の力加減による、ナチュラル度200%の仕上がり

原作未読

鬼が人口90%以上の世の中で起る、10%の人間を捕食する物語ですが
そこは山田二丁目先生! ギャグとエロが50-50で、
成長期の「角痛(つのつう)」とか「貧ツノ」といった
面白ワードで、世界観が成り立っています。

鬼にとって欲求をそそられる存在である人間の「日和」が、
鬼の「穂高」に捕食目的だけにエロいことされているのか、
恋愛感情があるのか悩むというあらすじですが、
CDの表現としては、攻めも受けも半々の力加減で表現されており、
ギャンギャンしていなくてちょうどいいと感じました。

物語の内容もそうなのですが、これはやはり江口氏と古川氏の熱量が
ぴったり同量なので成り立っているのだと思います。
バランスが良いので、聴いていて心地よいです。

元々相性の良いお二人で、受け攻め逆でも面白いですが、
どちらも強すぎず弱すぎす、ナチュラルに掛け合いが仕上がっています。
ドラマCDというより落語かラジオを聴いているみたいです。

特出すべきは捕食について、
ジュルっとした後にハムハムしているので、
思った以上にエロく、音表現に適した題材でした。

2

めちゃくちゃおいしいんですが。

CMにそそのかされて予約してしまっていたのですが、大正解でした。
性格が良くて…良すぎて? ちょっと残念なコの日和の可愛さいじらしさをここまで表現できるのは江口さんならではでしたし、理不尽でありながらどっか可愛い穂高にはもはや古川さんしかおるまいと思えるほど、原作にぴったり、いえ、それ以上のキャスティングでした。日和の友達の高尾くんもいい味出しており、日和との掛け合いはひたすら楽しいです。
爆笑しつつもキュンキュンして、なおかつしっかりエロい、めちゃくちゃおいしい一枚でした。
おまけ…特典の江口さんと古川さんのトーク、最高です! どんだけ息ピッタリなんだ、と。特典聞いてからもう一度本編聞くとまさに2度おいしいです。

2

レビューランキング

CD

  • 買う