推しはα2 新婚旅行は妖怪の里

oshi wa alpha

推しはα2 新婚旅行は妖怪の里
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神18
  • 萌×29
  • 萌5
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

22

レビュー数
4
得点
144
評価数
35
平均
4.2 / 5
神率
51.4%
著者
夜光花 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
みずかねりょう 
媒体
小説
出版社
笠倉出版社
レーベル
クロスノベルス
発売日
電子発売日
価格
¥890(税抜)  
ISBN
9784773060966

あらすじ

佑真と結婚してよかった

ド平凡βだったはずが、Ωになってしまった佑真。
けれどそのおかげで最推しαの蓮と結婚し、蓮にそっくりで将来有望間違いなしの息子・颯馬も生まれ、幸せな新婚&推し生活を満喫していた。しかし突然、蓮の実家の妖怪専門旅館に閻魔大王の使者が現れる。
円滑な旅館運営のために必要な「印」を、佑真と颯馬に授けるので会いに来いと告げられ、まさかの新婚旅行代わりに妖怪の里へ行く羽目になってしまい!?
奇想天外オメガバース第二弾!

表題作推しはα2 新婚旅行は妖怪の里

人見蓮,27歳,妖怪専門旅館「七星荘」の息子
人見佑真,27歳,後天性のオメガで蓮の番

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数4

オメガバ要素は薄いです

今回は妖怪専門旅館の長男と番である料理人のお話です。 

閻魔王に印をつけてもらうために
受様が妖怪の里に向かった事で新たな騒動が起こるまで。

嘘がつけない性格の受様は非常なイケメン好きです。
そんな受様にとって中途採用されて入社してきた攻様は
ど真ん中のベストアルファ♡ でした。

実家が妖怪専門旅館を営む攻様は
母が妊娠中に受けた天邪鬼の祝福で嘘をつく人の顔が
モヤッて見える厄介な体質なのですが

嘘のつけない受様は顔がはっきり見える稀有な人で、
期間限定で就職した攻様は退職する際に
猛アプローチをして受様を実家の旅館に連れ帰ります。

受様と攻様の交際はとりあえずで始まりますが
客で来ていた大蛸妖怪によって受様がオメガ変転した事から、
紆余曲折を経て攻様の番となります。

愛息も生まれて新居の話をするほど夫婦仲は良好ですが、
息子の百日参りをした途端、
閻魔大王からの使者がやってくる事態となります。

攻様の家族は妖怪相手の旅館を営むために
閻魔大王は攻様一家に妖怪除けの印を授けていますが

百日参り(で現世の神に挨拶)したのに
こちらに挨拶しないのは不義理だろうと詰られます。

それから一週間後、受様は愛息と攻様、
旅館の跡取り娘である攻様の姉とその恋人ととともに
妖怪の里に向かうのですが・・・

夜光先生の既刊「推しはα」の続刊で
妖怪専門旅館を営む人見家の嫁となった受様が
閻魔大王への挨拶かたがた妖怪除けの印をもらいに
妖怪の里へと向かうラブコメディです♪

こちらオメガバース作品なのですが
本作では既刊以上にオメガバ要素が減っていました。

拘りなく読まれる方なら良いかなと思いますが
個人的にはオメガバとして読むなら物足りないし
本作では終わらないのでご注意必須です!!

攻様似の息子を出産しますが
未だに受様には息子が自分の子供だという実感も
攻様が自分のパートナーだという実感はとても薄く

というのも攻様の美貌をこよなく愛しているがゆえに
彼の隣には自分のような凡夫よりも美しい人が似合うと
本気で思っているのです。

コレは受様が元々はベータであった為に
素敵過ぎる攻様と対等であるという考えがなく
夫婦、パートナーとしてはちょっと歪に感じます。

たぶんそういう受様の思考が
受様を気に入った閻魔大王のちょっかいと
なったのかなと思われます。

続巻なので多少の困難はあっても
ラブラブなお話だろうなと手にしたのですが、

まさかまさかな展開になっていて
読了してもなぜココで終わったのか!?
ココからどうなればハピエンになるのか!?
全く判りません ๐·°(৹˃ᗝ˂৹)°·๐

夜光先生なので最後はハピエンだとは思いますが
早く続きを読ませて頂きたいです。

1

佑真にも色々あるんだろうけど…。夫婦なんだから!

2冊目は家族でほのぼの、妖怪の世界へ大冒険、夫婦の危機?な流れになってます。

まさかの展開でさすが夜光花さんですね。
颯馬がまさか!
そして大和と都も。

前巻の復習をせずに読んだので、佑真の推し最高!なところがだんだんうんざりしてきました。

蓮の何もかもが好きなのは分かってるんですが、いつまでも息子の颯馬の親の自覚がわかないとか、蓮の写真を取りたがったり。
いつまでも推しやアイドルと思ってるみたいで。夫婦なのに。

しかしそれは夜光花さんに導かれたのかもしれません。
ちゃんと最後に佑真にある選択が待っています。

佑真が蓮にとってただのモブ男で嘘がつけないこともアドバンテージにならなくなったら…。
なところは少しは共感するけど、夫婦でしょ!なぜ信じないの?いつまで相手を推し扱いしてるの?
根深い自己肯定感の低さとモブ体質とファン体質ですね。

美形なら誰でもいいの?

今巻では佑真にますます共感できなくなりました。
でも次巻も読みます!

1

こんな展開になるとは!

夜光花先生の作品ってハズレが無いんですよね。どの作品もどれも違ってて、そしてどれも面白いんです。

前作「推しはα」はコミカル過ぎる故に、他シリーズより何かが足りなくて萌2にしてました。今作も途中まではそうでした。
ところが妖怪の里に向かう途中である人物に出会った事により、とてつもなく面白くなって行くんです。
そこからは「推しはα」のクセに(すいませんw)切ない展開になって来て、どうなるの?どうなっちゃうの?と残ページを見ながらハラハラしました。

そう、こちらまだ続いてます。「ギャー‼︎っ何で‼︎」て思いましたが、このシリーズ面白くて続いて欲しいと思ったのでとても嬉しいです。

モブだと思い満足している佑真の自己肯定感が高まるかが今後の鍵だと思ってます。蓮と優真の息子の10歳の颯馬のあの意味深な台詞、次巻以降にハッキリするでしょう。

相変わらず佑真は蓮オタクだったしハッキリいって常人には理解出来ない思考と言動でしたが、今回はそれなりに生きづらさを感じていた事を知りました。

もう続きが気になってしょうがありません。
エッチは少ないけど濃厚でした。それにしても佑真の好きな体位が寝バックとあって、ニヤリとしてしまいました。

2

いやいやいや、そこで終わりとか…!

作家買い。
夜光作品の「推しはα」の続編です。

夜光作品は序盤に前作のざっくりした説明が書かれているものが多いので前作未読でもギリ理解できないことはない気がしますが、でも前作ありきの作品ではあるので、できれば前作を読まれてからこちらを読まれた方がより楽しめると思います。

前作含めてのネタバレがあります。ご注意ください。





主人公は佑真。
彼は嘘をつくことが「できない」。
そう、できないんです。なので潤滑な人間関係を送ることが苦手。そしてそんな彼は平々凡々なモブ顔にベータという凡庸さゆえなのか、とにかく自分好みのお顔を見ることが大好き。

そんな彼は、彼の勤務する会社に中途採用で入社してきた蓮に心奪われてしまう。とにかく佑真好みの顔なのだ。そして、そんな蓮に誘われ彼の実家に赴いた佑真だったが、そこは妖怪専門旅館「七星荘」だった。

驚きつつも蓮と共に妖怪相手に仕事をこなしていくうちに二人は恋人同士になり―。

というのが前作で描かれていたお話。

紆余曲折あってベータからオメガへと体質を変えさせられてしまった佑真は、無事蓮の子を身ごもりそして産むが。というところから今巻はスタートします。

今日も今日とて「七星荘」は大繁盛。
だがしかし人間は妖怪に襲われてしまうことも。それを避けるために、七星荘で働いている蓮の家族は閻魔大王に印をつけてもらっている。蓮の伴侶となった佑真も印をつけてもらうために閻魔大王に会いに行くことになった。それは新婚旅行に行っていない佑真にとって蓮との楽しい旅、になると思っていたが―。

佑真という男の子は嘘をつくことができない。
それはお世辞を言ったり、自分の意に反して周囲の人たちと軽く話を合わせられない、ということでもある。
だからこそ「人の嘘を見抜くことができる」能力を持っている蓮にとって、佑真は心から信頼できるパートナーでもあった。

この設定ゆえ、でしょうかね。
佑真という男の子は天真爛漫で、妖怪相手に仕事をする能力が高い。そして、その能力ゆえに、佑真と蓮はすれ違い―。

え、この流れって、前作(シリーズ1冊目)の時から見越して夜光先生は書かれてるんですかね。天才ですかね。ええ、天才ですね。

夜光作品はドシリアスなものとか痛い作品も多くありますが、コミカル寄りなものも多い。今作品は完全にコミカルなお話です。序盤、そのコミカルムードは絶好調で、妖怪相手でも怖がらず、恐れず、何なら対等に掛け合いをする佑真、という描写なので、今回も面白い!と思いつつ読み進めたのですが、

えー、そういう展開?

とびっくりな終盤を迎えます。
で、ここで書いてしまいますが、今巻は1冊完結のお話ではありません。「続く」状態で終わります。

いやー。
いやいや。
ここで終わるとか…!

自分の推し顔(=蓮)を拝むのが大好きな佑真と、うそがつけずに綺麗な心を持っている佑真を愛する蓮、という二人のお話ですが、そこから一歩踏み込んできました。自分が相手を好きなのは、どうしてなの?という壮大なテーマですね。

前作はベータがオメガに力業で変化させられる、というところがキーポイントだったと思いますが今巻は二人のお互いに対する愛情、という部分がキーになっているかと思われます。

で、今巻に入り重要なキーパーソンが登場します。
佑真に、妖怪に襲われない「印」をつけてくれる閻魔大王です。

彼がいい仕事してます。
さすがです。
さすが夜光先生です。
前巻で綺麗に終わったと思った二人を、ここまで深く掘り下げることのできる手腕に脱帽です。

表紙に、蓮と佑真のお子であろう少年が二人描かれていますが、ああ、なるほど、そういう感じ?とみずかねさんのイラストにも完敗。今作品にはイケメンがたくさん登場しますが、みずかねさんの描かれるイケメンは本当にイケメンで眼福です。

いやいや、もう続きが読みたくてヤバいです。
夜光先生は筆が早い作家さまなので正座して、続編をお待ちしています。

13

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う